CATEGORY 「い」で始まることわざ

「い」で始まることわざ

【一斑を見て全豹を卜す】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】 一斑を見て全豹を卜す 【読み方】 いっぱんをみてぜんぴょうをぼくす 【意味】 豹の皮にある一つのまだら模様を見て、豹全体の美しさを察することから、ものごとの一部分だけを見て、その全体像を推察することのたとえ…

「い」で始まることわざ

【医者の不養生】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 医者の不養生 【読み方】 いしゃのふようじょう 【意味】 ・人には養生(ようじょう)をすすめる医者も、自分は案外いいかげんなことをしていること。 ・人には立派なことを説いているが、実行が伴わないことのたとえ…

「い」で始まることわざ

【石に花咲く】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 石に花咲く 【読み方】 いしにはなさく 【意味】 現実には起こりえないことのたとえ。 【語源・由来】 語源・由来はありません。ありえないことのたとえ。 【類義語】 ・朝日が西から出る(あさひがにしからでる)…

「い」で始まることわざ

【石橋を叩いて渡る】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 石橋を叩いて渡る 【読み方】 いしばしをたたいてわたる 【意味】 用心の上にさらに用心を重ねて物事を行うこと。 【語源・由来】 語源・由来はありません。壊れるはずのない強固な石の橋を、一応叩いて安全性を確か…

「い」で始まることわざ

【陰徳あれば必ず陽報あり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【ことわざ】 陰徳あれば必ず陽報あり 【読み方】 いんとくあればかならずようほうあり 【意味】 人目につかなくても、ひっそりとよい行いをしていると、必ずいつかよい報いがあるというたとえ。 【語源・由来】 淮南子(えなんじ…