CATEGORY 「い」行のことわざ

「い」行のことわざ

【犬が西向きゃ尾は東】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】 犬が西向きゃ尾は東 【読み方】 いぬがにしむきゃおはひがし 【意味】 疑う余地もないくらいに当たり前すぎるほど当たり前の事を、さらに強調して言った言葉です。 【語源・由来】 わざわざ言うまでもなく当たり前の…

「い」行のことわざ

【鰯の頭も信心から】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 鰯の頭も信心から 【読み方】 いわしのあたまもしんじんから 【意味】 例えイワシの頭のような価値もなくつまらないものでも、一度信仰の対象となってしまえば、ありがたいものに思えるという意味です。 何かを頑固に…

「い」行のことわざ

【芋の煮えたも御存じない】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語・英語訳)

【ことわざ】 芋の煮えたも御存じない 【読み方】 いものにえたもごぞんじない 【意味】 世間を知らずに育った人や、甘やかされて育った人を、からかったり、あざけたりする言葉です。 【語源・由来】 江戸時代には、お米が不作の…

「い」行のことわざ

【一を聞いて十を知る】の意味と使い方の例文 (語源由来・類義語・対義語)

【ことわざ】 一を聞いて十を知る 【読み方】 いちをきいてじゅうをしる 【意味】 一を聞いて十を知るとは、物事の一端を聞いただけで全体を理解するという意味で、非常に賢く理解力があることのたとえです。 もともとは、孔子の「…

「い」行のことわざ

【一年の計は元旦にあり】の意味と使い方の例文 (語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 一年の計は元旦にあり 【読み方】 いちねんのけいはがんたんにあり 【意味】 一年の計画は年の初めである元旦に立てるべきであり、物事を始めるにあたっては、最初にきちんとした計画を立てるのが大切だということです…

「い」行のことわざ

【衣食足りて礼節を知る】の意味と使い方の例文 (語源由来・類義語・対義語)

【ことわざ】 衣食足りて礼節を知る 【読み方】 いしょくたりてれいせつをしる 【意味】 衣食足りて礼節を知るとは、人は生活に余裕ができて、初めて礼儀や節度をわきまえられるようになるということです。衣服や食糧といった生きる…

「い」行のことわざ

【生き馬の目を抜く】の意味と使い方の例文 (類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】 生き馬の目を抜く 【読み方】 いきうまのめをぬく 【意味】 「生き馬の目を抜く」とは、「素早く事をするさま。また、他人を出し抜いて利益を得る様子です。抜け目がなくて油断も隙もない」というような意味です。また…

「い」行のことわざ

【言うは易く行うは難し】の意味と使い方の例文 (類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】 言うは易く行うは難し 【読み方】 いうはやすくおこなうはかたし 【意味】 言うは易く行うは難しとは、何をするにしても、口で言うのは簡単だがそれを実行するのは大変難しいということです。「言うは易し」発言するこ…