CATEGORY 「せ」で始まることわざ

「せ」で始まることわざ

【前車の覆るは後車の戒め】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 前車の覆るは後車の戒め 【読み方】 ぜんしゃのくつがえるはこうしゃのいましめ 【意味】 前を行く車がひっくり返るのを見て後の車が注意することから、先人の失敗は後人の戒めになることのたとえ。 【語源・由来】 …

背に腹はかえられぬ「せ」で始まることわざ

【背に腹はかえられぬ】の意味と使い方や例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】 背に腹はかえられぬ 【読み方】 せにはらはかえられぬ 【意味】 腹には内臓が入っていて、背中よりも大切である。その腹を背と取り替えることはできないという意味で、重大なことや切羽詰まったことのためには他の犠牲…

「せ」で始まることわざ

【銭ある時は鬼をも使う】の意味と使い方や例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】 銭ある時は鬼をも使う 【読み方】 ぜにあるときはおにをもつかう 【意味】 金さえあれば、たとえ恐ろしい鬼であっても思いのままに使役することができるというわけで、金の力の大きさをいったもの。 【語源・由来】 …

「せ」で始まることわざ

【精神一到何事か成らざらん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 精神一到何事か成らざらん 【読み方】 せいしんいっとうなにごとかならざらん 【意味】 精神を一つのことに集中して全力を尽くせば、何事でも成し遂げられるという意味。 【語源・由来】 「朱子語類・八・学二」の「…

「せ」で始まることわざ

【千里の道も一歩より起こる】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 千里の道も一歩より起こる 【読み方】 せんりのみちもいっぽよりおこる 【意味】 どんなに大きな仕事も、まずは手近なことの実行から始まるというたとえ。 なにごともまず小さなひとつのことから始めなさいというたと…

前門の虎後門の狼「せ」で始まることわざ

【前門の虎後門の狼】の意味と使い方や例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】 前門の虎後門の狼 【読み方】 ぜんもんのとらこうもんのおおかみ 【意味】 困ったことや、災難から逃れることができたと思ったら、また困ったことや災難にあうというたとえ。 【語源・由来】 中国の「評史(ひょうし…

「せ」で始まることわざ

【船頭多くして船山に上る】の意味と使い方や例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】 船頭多くして船山に上る 【読み方】 せんどうおおくしてふねやまにのぼる 【意味】 指図する人が多すぎると方針が統一できずに、物事が目的の方向へ進んでしまうことのたとえ。 【語源・由来】 船に船頭(せんどう)…

「せ」で始まることわざ

【背に腹は代えられぬ】の意味と使い方や例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】 背に腹は代えられぬ 【読み方】 せにはらはかえられぬ 【意味】 さし迫った苦痛を回避するためには、ほかのことを犠牲にしてもしかたない。大きなことをするためには、小さな犠牲には構っていられない、小さなことはど…

急いては事を仕損じる「せ」で始まることわざ

【急いては事を仕損じる】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 急いては事を仕損じる 【読み方】 せいてはことをしそんじる 【意味】 物事を焦って急ぐと、失敗しやすいというたとえ。 【語源・由来】 焦っているときほど、じっくり落ち着いて物事に取り組むべきという教え。 【…