CATEGORY

「き」で始まることわざ

【疑心暗鬼を生ず】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 疑心暗鬼を生ず 【読み方】 ぎしんあんきをしょうず 【意味】 疑ってかかると、なんでもないことも不安になり、疑わしく思えるというたとえ。 【語源・由来】 中国の『列子』にあることば。疑いの心で見ると、暗闇の…

「お」で始まることわざ

【鬼も十八番茶も出花】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 鬼も十八番茶も出花 【読み方】 おにもじゅうはちばんちゃもでばな 【意味】 どんなものにも、その魅力がいちばん発揮される時期があるということ。女性は誰でも年ごろになると、色気や魅力が出てくるというたとえ。 …

「お」で始まることわざ

【鬼の空念仏】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】 鬼の空念仏 【読み方】 おにのそらねんぶつ 【意味】 冷酷で残忍な者が、情け深そうにしたり、慈悲深そうにすることのたとえ。 【語源・由来】 無慈悲で残酷な鬼が、心にもないにも関わらず念仏を唱えるということか…

「お」で始まることわざ

【鬼の首を取ったよう】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】 鬼の首を取ったよう 【読み方】 おにのくびをとったよう 【意味】 大きな手柄を立てたかのように、得意になったり大喜びしたりするというたとえ。 【語源・由来】 鬼を退治して首を取るのは大きな手柄だが、討ち取っ…

「お」で始まることわざ

【鬼が出るか蛇が出るか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 鬼が出るか蛇が出るか 【読み方】 おにがでるかじゃがでるか 【意味】 どんなに恐ろしいことが待っているのか、わからないというたとえ。 また、将来どんな運命が待っているのかわからないこと。 【語源・由来】 か…

「お」で始まることわざ

【鬼の居ぬ間に洗濯】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】 鬼の居ぬ間に洗濯 【読み方】 おにのいぬまにせんたく 【意味】 怖い人・気詰まりする人・気兼ねする人がいない間に、思いっきりくつろいで息抜きをするという意味です。 【語源・由来】 金棒を持った鬼が見張りをし…

「お」で始まることわざ

【鬼の目にも涙】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 鬼の目にも涙 【読み方】 おにのめにもなみだ 【意味】 冷酷で無慈悲な人でも、時には他人の苦しみや悲しみに憐れみや同情を感じて涙を流す事もあるという意味です。 現在では、怖い人や厳しい人に対して使われること…

「ら」で始まることわざ

【来年の事を言えば鬼が笑う】の意味と使い方に例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】 来年の事を言えば鬼が笑う 【読み方】 らいねんのことをいえばおにがわらう 【意味】 まだ先の話をあれやこれや言って、見通しのたつはずのない未来について予測するのは、意味がないということ。 【語源・由来】 島…

「わ」で始まることわざ

【渡る世間に鬼はなし】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 渡る世間に鬼はなし 【読み方】 わたるせけんにおにはなし 【意味】 この世の中には、鬼のように冷たい人ばかりではなく、思いやりのある優しい人も必ずいる。 【類義語】 ・捨てる神あれば拾う神あり(すてるかみあ…