CATEGORY 魚・貝

「こ」で始まることわざ

【鯉の滝登り】の意味と使い方の例文(語源・類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 鯉の滝登り 【読み方】 こいのたきのぼり 【意味】 めざましく立身出世することのたとえ。 【語源・由来】 中国の黄河上流にある竜門という急流を泳ぎ登ることのできた鯉が竜になるという伝説から。 【類義語】 登…

「ふ」で始まることわざ

【河豚は食いたし命は惜しし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
 河豚は食いたし命は惜しし 【読み方】
 ふぐはくいたしいのちはおしし 【意味】
 快楽や利益は得たいと思う一方で、それに伴う危険や損害を恐れるあまりためらう事。 【語源・由来】
 美味な河豚は食べたいが、…

「や」で始まることわざ

【柳の下にいつも泥鰌はいない】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 柳の下にいつも泥鰌はいない 【読み方】 やなぎのしたにいつもどじょうはいない 【意味】 一度柳の下でたまたま泥鰌をとったからといって、同じ柳の下でまた見つかるとは限らない。同じように、一度うまいことがあって…

「さ」で始まることわざ

【魚は殿様に焼かせよ、餅は乞食に焼かせよ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 魚は殿様に焼かせよ、餅は乞食に焼かせよ 【読み方】 さかなはとのさまにやかせよ、もちはこじきにやかせよ 【意味】 何事にも適任者がいるということ。 【語源・由来】 魚はゆっくり焼くほうがいいので、おっとりと…

「い」行のことわざ

【いつも柳の下に泥鰌は居らぬ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 いつも柳の下に泥鰌は居らぬ 【読み方】 いつもやなぎのしたにどじょうはおらぬ 【意味】 一度成功したからといって、同じやり方で、いつも成功するとは限らないというたとえ。 【語源・由来】 柳の木の下でどじょう…