CATEGORY 動物に関することわざ・慣用句一覧

「ち」で始まることわざ

【中原に鹿を逐う】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】 中原に鹿を逐う 【読み方】 ちゅうげんにしかをおう 【意味】 ある地位・権力を手に入れようとしてたがいに争(あらそ)うことのたとえ。 【語源・由来】 出典は「魏徴(ぎちょう)」です。「中原」は中国の中央で、…

「い」行のことわざ

【一斑を見て全豹を卜す】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】 一斑を見て全豹を卜す 【読み方】 いっぱんをみてぜんぴょうをぼくす 【意味】 豹の皮にある一つのまだら模様を見て、豹全体の美しさを察することから、ものごとの一部分だけを見て、その全体像を推察することのたとえ…

「あ」行のことわざ

【穴の狢を値段する】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 穴の狢を値段する 【読み方】 あなのむじなをねだんする 【意味】 あてにならないことをもう自分のものになったように考えて、その気になる愚かしさをいうことのたとえ。 【語源・由来】 まだ穴の中にいて捕まえても…

「き」で始まることわざ

【狐と狸の化かし合い】の意味と使い方の例文(語源由来)

【ことわざ】 狐と狸の化かし合い 【読み方】 きつねとたぬきのばかしあい 【意味】 ずる賢いくせ者同士が、互いに悪知恵をはたらかせ、だまし合うこと。「狐と狸」ともいう。 【語源由来】 昔話などで、狐も狸も悪賢く人をだまし…

「き」で始まることわざ

【木から落ちた猿】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 木から落ちた猿 【読み方】 きからおちたさる 【意味】 ・たよるところを失ったもののたとえ。 ・よりどこをを失って、どうしてよいかわからないことのたとえ。 【類義語】 ・木を離れた猿(きをはなれたさる) ・…

「と」で始まることわざ

【虎を野に放つ】の意味と使い方の例文(類義語・英語訳)

【ことわざ】 虎を野に放つ 【読み方】 とらをのにはなつ 【意味】 ・猛威(もうい)ある人を自由気ままに、の威(い)をふるうことができるような状態におくことのたとえ。 ・わざわいのもととなる者を除かないで、後に大きな害を…

「さ」で始まることわざ

【三人虎を成す】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 三人虎を成す 【読み方】 さんにんとらをなす 【意味】 事実無根の風説も、言う人が多ければ、ついに信じられるようになることのたとえ。 【語源・由来】 出典は「戦国策(せんごくさく)」です。三人の口にかかれば…

「こ」で始まることわざ

【虎口を逃れて竜穴に入る】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 虎口を逃れて竜穴に入る 【読み方】 ここうをのがれてりゅうけつにはいる 【意味】 災難が続いて起こる例え。 【語源・由来】 虎に食われそうな場面からやっと逃れたと思ったら、今度は竜のすむ穴に入ってしまうこと…