【石に立つ矢】の意味と使い方の例文

【ことわざ】 石に立つ矢 【読み方】 いしにたつや 【意味】 心を込めてやれば、どんなことでもできるというたとえ。 【語源・由来】 中国の漢の李広が草むらの石を虎だと思い込んで弓を射たら矢が突き刺さったという故事による。 … 続きを読む 【石に立つ矢】の意味と使い方の例文