「そそくさ」の意味と使い方や例文!「そそくさと帰る」とは?(類義語)

【言葉】
そそくさ

【意味】
落ち着かず、せわしなく振る舞うさま。あわただしいさま。

【類義語】
・あたふた

【スポンサーリンク】

「そそくさ」の使い方

ともこ
お兄ちゃんは食事がすむと、そそくさと自分の部屋に戻るのよ。
健太
会話が減っているんだね。
ともこ
そうなのよ。挨拶もしなくなったわ。
健太
思春期だからしょうがないよ。嵐が過ぎるのを待つように、その時が来るのを待つしかないね。

「そそくさ」の例文

  1. 仕事が終わると、彼女は子供のお迎えのためにそそくさと帰る。
  2. その灼けただれた顔を見て、おどろきとなつかしさで、身の上を語りあうが、ブルネットはダンテの行末を予言して諭してくれる。彼はまた、その群れにいる者の名をあげて、そそくさとその場を去る。(ダンテ 神曲)
  3. 藪蛇になるのを恐れた彼は、そそくさとその場を立ち去った。
  4. 和明は誰と会うのかという問いには何も答えず、そそくさと自分の車で家を出た。(宮部みゆき 模倣犯)
  5. これから使う大事なものを忘れていくとは、そそくさ坊主だな。

「そそくさと帰る」とは?

そそくさ」を用いた表現の一つ「そそくさと帰る(そそくさとかえる)」があります。

そそくさと帰る」とは、あわただしく帰ることをいいます。

【例文】

  1. その会が終わるとすぐに、彼はそそくさと帰っていった。
  2. 私がいることに気が付いた健太くんは、そそくさと帰った。
スポンサーリンク