「親友」の意味と使い方や例文!「友達」「仲間」との違いは?(類義語・対義語)

【二字熟語】
親友

【読み方】
しんゆう

【意味】
互いに心を許し合っている友。特に親しい友。

【語源・由来】
「親」は「身近に接してしたしくする。したしい。」
「友」は「ともだち。」

【類義語】
知友

【スポンサーリンク】

親友(しんゆう)の使い方

ともこ
あれは健太くんの親友
健太
幼稚園からずっと親友なんだよ。
ともこ
長い付き合いね。
健太
老夫婦みたいに、「あれ」とか「これ」で話が通じるんだよ。

親友(しんゆう)の例文

  1. ともこちゃんは僕の親友です。
  2. 彼は親友と一緒に暮らしています。
  3. 離れていても彼とはずっと親友です。
  4. 親友を病で失った。
  5. 親友を裏切りたくない。

「親友」と「友達」「仲間」との違いは?

親友」に似ている語に「友達(ともだち)」「仲間(なかま)」があります。

「親友」と「友達」の違いは?

友達」は、「互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。友人。朋友 (ほうゆう) 。友。」という意味です。

親友」は、「友達」の中でも特に親しい人をいいます。

「親友」と「仲間」の違いは?

仲間」は、
①一緒に物事をする間柄。また、その人。
②地位・職業などの同じ人々。
③同じ種類のもの。同類。
④近世、商工業者の同業組合。官許を得たものを株仲間といった。

という意味です。

親友」は、互いに心を許し合っている友をいいます。

対して「仲間」は、一緒に物事をする間柄をいうので意味が違います。

【スポンサーリンク】