姉妹サイト「ことわざ・慣用句の百科事典」はこちら

「矛盾」の意味と使い方や例文!「齟齬」「撞着」との違いは?(類義語・対義語)

矛盾

矛盾(むじゅん)の意味とは?(類義語・対義語)

意味

【二字熟語】
矛盾

【読み方】
むじゅん

【意味】
①ほことたて。
②二つの物事がくいちがっていて、つじつまが合わないこと。自家撞着 (じかどうちゃく) 。
③論理学用語。
㋐伝統的論理学で、二つの概念または命題が一定の事象を同一の観点から同時に、一方が肯定し他方が否定する場合の両者の関係。
㋑命題論理学で、複合命題からなる論理式の各要素命題にいかなる真理値を与えても必ず偽となる式。
④ヘーゲル弁証法で、概念の発展に必要不可欠な契機。

ことわざ博士
「矛盾」っていう言葉、これは、「つじつまが合わない」または「言ったことやしたことが一致しない」っていう意味だよ。だから、これを使うと、何かがおかしい、または矛盾していると言いたいときに使うことができるんだ。
助手ねこ
これをもっとわかりやすく言うと、「話がうまく合わない」または「言っていることとやっていることが違う」っていう感じだよ。例えば、「昨日は遊びに行けないって言ってたのに、今日は行けるって言ってる。それって矛盾してるよね?」って使うと、「昨日と今日で話が合わない」って意味になるんだ。

【類義語】
背反、破綻、撞着

【対義語】
両立、トートロジー、整合

矛盾(むじゅん)の故事

【故事】
昔、中国の楚の国で、矛 (ほこ) と盾 (たて) とを売っていた者が、「この矛はどんなかたい盾をも突き通すことができ、この盾はどんな矛でも突き通すことができない」と誇ったが、「それではお前の矛でお前の盾を突けばどうなるか」と尋ねられて答えることができなかったという「韓非子」難一の故事から。

「矛」は「武器の一種。ほこ。」「盾」は「たて。矢・槍(やり)などの攻撃を防ぐ武具。」
故事を簡単に説明!
カンタン!解説

昔、楚という国に、矛(ほこ)と盾(たて)を売って歩く人がいたんだ。その人は自慢して、「私の矛はどんなに固い盾でも突き通すよ。でも、私の盾はとっても頑丈で、どんな矛でも防げるよ」と言っていたんだ。

だけど、ある人がその人に質問したんだ。「じゃあ、あなたの矛であなたの盾を突いたらどうなるの?」と。それにはその売り手は答えられなかったんだ。

これから、「矛盾」っていう言葉が生まれたんだ。「矛盾」は、自分の言ったことやしたことが一致しない、つまり、つじつまが合わないことを意味するようになったんだよ。

矛盾(むじゅん)の使い方

ともこ
健太くんの理論は矛盾だらけよ。
健太
そうかな。
ともこ
健太くんの理論を紙に書いて見なさいよ。一目瞭然よ。
健太
本当に矛盾だらけだね。

矛盾(むじゅん)の例文

例文
  1. 矛盾が解消される。
  2. 矛盾に満ちている。
  3. 健太くんの意見は矛盾している。
  4. ともこちゃんの発言の矛盾をつく。
  5. 二つの記事には矛盾がある。

「矛盾」と「齟齬」「撞着」の違いは?

矛盾」に似ている語に「齟齬(そご)」「撞着(どうちゃく)」があります。

「矛盾」と「齟齬」の違いは?

齟齬」は、「物事がうまくかみ合わないこと。食い違うこと。ゆきちがい。」という意味です。

齟齬」は、食い違うことをいいます。

対して「矛盾」は、首尾一貫しないことをいうので意味が違います。

「矛盾」と「撞着」の違いは?

撞着」は、
①つきあたること。ぶつかること。
②つじつまが合わないこと。矛盾。

という意味です。

矛盾」と「撞着」は、つじつまの合わないことという意味です。

矛盾」と「撞着」は、ほぼ同義語で、「矛盾撞着」の形でも使われます。

また、「矛盾」は、日常会話で使われますが、「撞着」は、主に文章で使われます。



error: 右クリックはできません。