【冬来たりなば春遠からじ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

冬来たりなば春遠からじ

【読み方】

ふゆきたりなばはるとおからじ

【意味】

今は不幸な状況であっても、じっと耐え忍んでいれば、いずれ幸せが巡ってくるという事。

【語源・由来】

寒く厳しい冬が来たということは、暖かい春が目の前まで来ているという事から。
イギリスの詩人、パーシ・ビッシュ・シェリーの「西風に寄せる歌(Ode to the west wind)」の一節「If Winter comes, can Spring be far behind?」という記述から。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
・If winter comes, can spring be far behind?

原文の「Winter」と「Spring」の頭文字が大文字なのは、冬と春を擬人化した上で詩として詠っていると考えられています。

「冬来たりなば春遠からじ」の使い方

健太
大学の受験日まで後2ヶ月か。全くやる気が起きないんだよね。
ともこ
あとたった2ヶ月よ。膨大な勉強量だけど、毎日コツコツ頑張らないといけないと思うわ。
健太
分かっているんだけど、どうもね。頑張っていても意味があるのかな。
ともこ
もちろんよ。冬来たりなば春遠からじよ、今頑張れば明るいキャンパスライフが待っているはずだわ。

「冬来たりなば春遠からじ」の例文

  1. 冬来たりなば春遠からじだから、今が踏ん張りどころだ、頑張ろう。
  2. 冬来たりなば春遠からじというだろう。この辛さを乗り越えれば必ず報われるはずだ。
  3. 冬来たりなば春遠からじといえど、あてもなくがむしゃらに辛い思いをしていると心が折れる。
  4. 彼は冬来たりなば春遠からじを信じ続け、ひたむきに努力している。
パーシ・ビッシュ・シェリーは、1792年から1822年を生きたイギリスのロマン派詩人です。彼の著作には、詩だけでなく小説や劇、評論などがあります。また、後妻メアリー・シェリーは『フランケンシュタイン』の作者として知られてます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事