【慣用句100選】有名な慣用句と意味一覧

一まとまりの決まった言いまわしを持つ慣用句は、わたしたちの日常の生活の中で数多く用いられています。

慣用句の種類はたくさんあり、おぼえるのが大変ですが、それぞれの意味を知ると面白い発見があります。

この記事では、沢山ある慣用句の中でも、厳選して有名な慣用句を100個にしぼり意味付きで掲載しました。

ことわざ100選は、【ことわざ100選】有名なことわざ意味付きをご覧ください。

また、それぞれの慣用句の上の⭐️印は知っておきたい慣用句の重要度を表しています。

絶対知っておこう

よく使われるから知っておこう

一応、知っておこう

あなたが知っている慣用句はいくつありますか?

【スポンサーリンク】

「あ行」の慣用句意味付き

相づちを打つ(あいづちをうつ)

人の話を聞きながら、うなずいたり、「はい」「いいえ」などと調子を合わせたりすること。


揚げ足をとる(あげあしをとる)

人の言いまちがいや言葉の一部分だけをとらえて、困らせる。


あごを出す

へとへとに、疲れること。体の疲労だけでなく、大きな仕事や問題を抱え、自分の力ではどうすることもできず、困り果てた場合にも使う。


朝飯前(あさめしまえ)

朝食前(ちょうしょくまえ)のわずかな時間でもできるほど、簡単でたやすいこと。


足が出る

用意していたより多く、お金を使ってしまうこと。「足」とは、取引の時のお金の不足分を指す言葉。


足を引っぱる

人の成功をじゃますること。大勢で何かする時、一人だけうまくできず、みんなに迷惑をかけてしまう場合にも使う。


味もそっけもない

味わいがなく、おもしろみに欠ける。


足が棒になる(あしがぼうになる)

歩きすぎや、立ちっぱなしで、足がひどく疲れること。


頭が上がらない

相手に対して借りや弱みがあって、対等につきあえない。


後の祭り

間に合わず、手おくれになってしまうこと。ちょうどよい機会を逃してしまい、後悔している時にも使う。


油を売る

もともとは、雑談でむだに時間をつぶす、の意味。現在は主に、「寄り道をする」という意味で使う。


息を殺す

どんな小さな音もたてないよう、息をするのにも気をつかい、じっとしていること。


息をのむ

一瞬息が止まるほど驚く。


いたちごっこ

お互いに同じことをくりかえし、物事が前に進んでいかないこと。


いもを洗うよう

人が大勢いて、こみあっている様子。


後ろ髪を引かれる

後に残してきたものが気がかりで、頭の後ろの髪の毛を引っ張られるように、先へ進むことができないこと。


腕が鳴る(うでがなる)

自分の技術や能力を発揮したくて、じっとしていられないこと。「腕」とは「腕前」の意味。


馬が合う

お互いに気持ちがぴったり合い、相性がいいこと。


上の空(うわのそら)

ほかのことに気をとられて、集中できない様子。


大目玉を食う

ひどくしかられること。「大目玉を食らう」ともいう。だれかをしかる時は、「大目玉を食わす」「大目玉を食らわす」と使う。


親のすねをかじる

子供がひとり立ちできる年齢になっても自立せず、親に養ってもらうこと。

【スポンサーリンク】

「か行」の慣用句意味付き

顔から火が出る

ひどく恥ずかしい思いをして、顔が真っ赤になる。


顔が広い

交際範囲が広く、知り合いが多い。


固唾を吞む(かたずをのむ)

成り行きを心配しながら、じっと見守ること。ほかにどうすることもできず、ただ唾をのみこんで見つめることからきた言葉。


肩の荷がおりる

肩を背負った重い荷物をおろしたように、責任や負担がなくなり、ほっとすること。「肩の荷をおろす」とも使う。


肩身がせまい

恥ずかしい思いをして、まわりに対し、ひけ目を感じる。


兜を脱ぐ(かぶとをぬぐ)

相手に降参(こうさん)し、もうかなわないと示すこと。昔の戦で、敵に降参する時、かぶとをぬいで戦う意志がないことを示したことからきた言葉。


気が置けない

あれこれ気を使わずに、つきあえること。「気の置けない」ともいう。


気が気でない

ひどく心配で落ち着かない。


気に病む(きにやむ)

心配で、いろいろ思い悩むこと。特に心配する必要がないのに、あれこれ考えすぎる場合に使う。


肝をつぶす

ひどく驚くこと。「肝」とは、心とか度胸という意味。


釘をさす

相手が、まちがいをおこしたり、約束を破ったりしないよう、前もって注意しておく。


草の根を分けて探す(くさのねをわけてさがす)

探し残しのないよう、見えないところまで、すべてさがす。


口が軽い

言ってはいけないこと、秘密にすべきことを、簡単にぺらぺらしゃべってしまうこと。


口がすっぱくなる

同じことを何度も何度も、くりかえしいう様子。説教や小言、注意などの場合に用いる。


口車に乗る

うまく言いくるめられ、だまされること。おだてられて、何かさせられる、という意味にも使う。


くちばしを入れる

人のすることに、わきからあれこれ口出しする。「くちばしをはさむ」ともいう。


口火を切る(くちびをきる)

みんなの先頭に立ち、真っ先に始める。話し始める、の意味でも使う。


首を長くする

楽しみにしていることが早く実現しないかと、待ちこがれる。


くものこを散らす

大勢の人が、四方八方に、ぱっと逃げていく様子。


煙に巻く(けむにまく)

相手がよく知らないようなことを一方的に話して、とまどわせる。


心をくだく

いろいろと気を配ったり、心配したりする。


ごまをする

自分の利益のために、人のきげんをとる。

【スポンサーリンク】

「さ行」の慣用句意味付き

さじを投げる

物事がよくなる見込みがないと、あきらめてしまう。


さばを読む

自分の都合のいいように、数や量を実際より多く言ったり、少なく言ったりする。


舌つづみを打つ

物を、おいしそうに食べる様子。「舌つづみを鳴らす」ともいう。美味しいものを食べる時、自然と舌で音を立てることからきた言葉。


舌を巻く

言葉が出ないほど感心すること。舌を巻いて縮めると、声がでなくなることからきた言葉。


しっぽを出す

かくしていたことを人に知られてしまうこと。悪いことを知られた場合の言葉で、よいことの時には使わない。


しのぎをけずる

激しく争う。


雀の涙(すずめのなみだ)

雀の流す涙ほど、ほんのわずかなこと。


図に乗る

自分の望み通り、あるいは思い通りになったのをいいことに、調子に乗ってつけあがる。

「た行」の慣用句意味付き

太鼓判を押す(たいこばんをおす)

絶対にまちがいないと、うけあう。


立て板に水

言葉がつかえず、すらすら話す様子。


棚に上げる

自分に都合の悪いことには、ふれないでおく。


血も涙もない

少しも思いやりの心がない。


手塩にかける

自分の手で世話をして大切に育てる。


手の裏を返す

態度が突然、がらりと変わる様子。「手の平を返す」「たなごころを返す」ともいう。


手に余る

自分の力では、どうにもならないこと。


手を焼く

てこずる。もてあます。


峠を越す(とうげをこす)

いちばん盛りの時期を過ぎて、衰え始める。


途方に暮れる

どうしてよいのかわからず、困り果てる。

【スポンサーリンク】

「な行」の慣用句意味付き

長い目で見る

現在の状態だけで判断せず、将来を期待して見守る。


梨のつぶて

いくら連絡しても、さっぱり返事がない様子。


涙をのむ

くやしいことやつらいことをじっと我慢する。


二の足を踏む(にのあしをふむ)

思いきれず、ためらう。


二の句がつげない

驚きあきれて、何か言おうにも次の言葉が出てこない。


猫の手も借りたい

忙しくて人手が足りず、手伝いがほしいこと。


根も葉もない

何の根拠もないことのたとえ。


のどから手が出る

ほしくてたまらない様子。

「は行」の慣用句意味付き

歯が立たない

相手が強くて、かなわない。


鼻をあかす

人を出し抜いて、びっくりさせる。あっと言わせる。


鼻が高い

得意で、誇らしげな様子。


鼻にかける

自慢する。


腹が黒い

心の中で、何かたくらんでいる様子。


火の消えたよう

急に活気がなくなって、さびしくなる様子。


不意をつく

相手が思いもかけない時に、当然何かする。逆に突然何かされる場合は「不意をつかれる」という。


袋のねずみ

追いつめられ、逃げ場を失った様子。


へそを曲げる

きげんをそこねて、すねた態度をとる。


ほおが落ちる

とてもおいしいことのたとえ。


骨が折れる

とても苦労する。

【スポンサーリンク】

「ま行」の慣用句意味付き

まくらを高くする

安心して眠ること。安心する、という意味にも使う。


眉をひそめる

心配ごとや不愉快なことのせいで、顔をしかめる。


水に流す

過去のもめごとを、なかったことにする。


水の泡になる

努力したことが、すべて無駄になってしまうことのたとえ。


水を打ったよう

大勢の人が口をきかず、しずまりかえる様子。


耳にたこができる

同じことを何度も何度も、いやになるくらい聞かされる。


耳が痛い

自分の失敗や欠点をつかれて、聞いているのがつらいこと。


耳が早い

うわさや情報をすばやく聞きつけること。


虫の居所が悪い

きげんが悪く、ささいなことでも怒り出す状態。


虫がいい

自分の都合ばかり考えて、人のことを考えない、自分勝手な様子。「虫がよすぎる」という形で使うことも多い。


胸を張る

自信に満ちて得意げな様子。


目が肥える

いいものを見慣れて、いいものと、そうでないものを見分ける力がつく。


目に余る

やることがひどすぎて、だまって見ていられない。


目を三角にする

はげしく怒る様子。


目を白黒させる

驚き、あわてること。ひどく苦しくて目玉を動かす場合にも使う。

「や行」の慣用句意味付き

やぶから棒

突然何かをすることのたとえ。


山をかける

万に一つの幸運をねらい、当てずっぽうに何かすること。試験の時、問題に出そうなところを予想しそこだけ勉強する、という意味に使われることが多い。


指をくわえる

どうにかしたいと思いながらも手が出せず、ただ、そばで見ている。うらやましがる。

「わ行」の慣用句意味付き

わらにもすがる

追いつめられて、どうしようもなくなった時、頼りにならないものまで頼りにすること。


輪をかける

物事の程度が、いっそう大きくなること。実際より大げさに言う、といった意味にも使う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事