【触れなば落ちん風情】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
触れなば落ちん風情

【読み方】
ふれなばおちんふぜい

【意味】
男が誘えばすぐに応じそうな様子であること。色っぽい女のさま。

【スポンサーリンク】

「触れなば落ちん風情」の使い方

健太
ともこちゃんが触れなば落ちん風情だから、告白してみようかなといっている男子生徒がいたんだよ。
ともこ
本当に?いやだわー。軽い女だと思われたのかしら?
健太
フェロモンがむんむんと出ていたんだと思うよ。女性として魅力的ってことじゃないかな?
ともこ
今は誰かと付き合おうと思っていないから、触れても落ちないよオーラを出さないといけないわね。

「触れなば落ちん風情」の例文

  1. 触れなば落ちん風情であるあの子に勇気を出して告白してみよう。
  2. 触れなば落ちん風情って、安くみられているってことかしら。
  3. すれ違いざま目があった女性は、触れなば落ちん風情でとても魅力的だったので、思わず追いかけて声をかけてしまいました。
  4. 触れなば落ちん風情だったのに、断られてしまったのは、僕があんまりにも魅力がなかったせいだろうか。
  5. あの女性は人待ち顔で、触れなば落ちん風情だから、ナンパしたら成功しそうです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事