【山路が笛】の意味と使い方の例文(語源由来)

【ことわざ】
山路が笛

【読み方】
さんろがふえ

【意味】
山路が吹いた草刈り笛。恋心を寄せる道具とされる。

【スポンサーリンク】

「山路が笛」の使い方

健太
是が非でもあの子と付き合いたいなあ。どうすればいいかなあ。スクールカースト下位の僕じゃダメだろうな。
ともこ
山路が笛を吹いてみればいいんじゃないかしら。
健太
ちょうど今、音楽の授業で習っているリコーダーじゃダメかな?
ともこ
うーん。前例がないからわからないけれども、ダメもとでやってみたらどうかしら。

「山路が笛」の例文

  1. 山路が笛を吹いて、健太くんは見事大好きなあの子のハートを射止めました。
  2. 健太くんがあんなに可愛い彼女をゲットできたのは、すべて山路が笛のおかげのようです。
  3. 山路が笛を目の前で心を込めて吹かれて、恋に落ちない女性はいません。
  4. 上手じゃなくても愛情が伝わるように願いながら山路が笛を吹けば、きっと彼女に伝わって、健太くんの想いにこたえてくれるでしょう。
  5. この山路が笛で、恋を成功させた人の体験談がこんなにたくさん、そして今だけ、なんとこの番組を見てくださっている人に限り、伝説の笛が一万円なんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事