【二八月の雷に隣に行くな】の意味と使い方や例文(語源由来)

【ことわざ】
二八月の雷に隣に行くな

【読み方】
にはちがつのかみなりにとなりにいくな

【意味】
二月と八月の雷がなる日は、外を出歩いてはいけないという戒め。

【語源・由来】
二月と八月の雷は落ちることが多いので、雷鳴がとどろいている間は出歩くなということ。

【スポンサーリンク】

「二八月の雷に隣に行くな」の使い方

健太
買い物に行ってくるよ。
ともこ
二八月の雷に隣に行くなというわよ。
健太
落雷にあうといやだな。
ともこ
雷が止んでからにした方が良いわ。

「二八月の雷に隣に行くな」の例文

  1. 二八月の雷に隣に行くなという、急ぎじゃないなら外出は明日にした方が良い。
  2. 二八月の雷に隣に行くなといわれる。早く雷が止むといいな。
  3. 二八月の雷に隣に行くなというけど、隣の家に行くのもあぶないだろうか。
  4. 二八月の雷に隣に行くなというから、落雷に気を付けよう。
  5. 二八月の雷に隣に行くなといわれるが、本当に最近落雷が多い。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪