【猫が顔を洗うと雨】の意味と使い方や例文(語源由来)

【ことわざ】
猫が顔を洗うと雨

【読み方】
ねこがかおをあらうとあめ

【意味】
猫が顔を洗うと雨が降ることが多い。

【語源・由来】
猫のヒゲは敏感なので、風や湿度の変化を素早く感じ取る。雨が降る前は湿度が高くなり落ち着かなくなることから、猫は顔を洗うという。

【スポンサーリンク】

「猫が顔を洗うと雨」の使い方

健太
今日は猫がしきりに顔を洗っているね。
ともこ
猫が顔を洗うと雨というわね。雨になるのかしら。
健太
動物は自然に寄り添って生きているから、きっと降るんだろうね。
ともこ
猫は水が嫌いだから、雨も嫌なのね。

「猫が顔を洗うと雨」の例文

  1. 猫が顔を洗うと雨という、きっと天気は崩れる。
  2. 猫が顔を洗うと雨とわれるが、しばらく晴れが続いたから雨でもいい。
  3. 猫が顔を洗うと雨というが、早くも雨が降り始めた。
  4. 猫が顔を洗うと雨というから雨のつもりでいよう。
  5. 猫が顔を洗うと雨というので、傘は持っていくことにしよう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪