【波雲は雨】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
波雲は雨

【読み方】
なみぐもはあめ

【意味】
波雲が出ると雨になることが多い。

【語源・由来】
波雲は前線や低気圧が近づいたときにあらわれやすいため、波雲が現れると雨になりやすい。

【類義語】
・猫が顔を洗うと雨
・とんぼが低く飛ぶと雨
・ツバメが低く飛ぶと雨

【スポンサーリンク】

「波雲は雨」の使い方

健太
今日の雲は波みたいだね。
ともこ
波雲は雨といわれるのよ。この後は雨ね。
健太
傘を持ってきていないよ。
ともこ
まだ大丈夫よ。

「波雲は雨」の例文

  1. 波雲は雨というから、窓は閉めて出かけよう。
  2. 波雲は雨という、洗車をしても無駄になるな。
  3. 波雲は雨というので、野球大会は中止になりそうだ。
  4. 波雲は雨という、洗濯をしても乾きそうにないな。
  5. 波雲は雨といわれるので外出はやめておこう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪