【畳の上の水練】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】

畳の上の水練

【読み方】

たたみのうえのすいれん

【意味】

理論や方法を知っているだけで、実際は何も役にも立たない事。

【語源・由来】

いくら畳の上で水泳の練習をしても、泳げるようにはならず、実際に水の中に入ってしまえば何の意味もなさないという事から。

【類義語】
・絵に描いた餅
・机上の空論
・鞍掛け馬の稽古
・炬燵水練
・炬燵兵法
・座敷兵法
・紙上に兵を談ず
・素引きの精兵
・木馬の達人

【英語訳】
・Experience without learning is better than learning without experience.
・practising swimming on land
・dry swimming exercise
・A mere scholar, a mere ass.

「畳の上の水泳」と間違えやすいので注意が必要です。
また、「畳水練」と短く表現する事も多くあります。どちらも同じ意味で使用します。
【スポンサーリンク】

「畳の上の水練」の使い方

ともこ
あれ、真剣な顔をして珍しい。何の本を読んでいるの?
健太
今度の学芸会で演奏するピアノの弾き方を、教則本を読んで覚えているんだ。
ともこ
それは畳の上の水練といったところだわ。実際に演奏しながらでないと練習にならないわ。
健太
それもそうだね、音楽室に練習に行ってこよう。

「畳の上の水練」の例文

  1. いくら本を読んで出来る気になったとしても、それは畳の上の水練で、実際にやってみた方が良いだろう。
  2. 発音記号を覚えた所で、畳の上の水練、実際に聞いて話さなければ英語は上達しない。
  3. 畳の上の水練ではいけないので、次の授業からは実際に車を運転しましょう。
  4. 彼に説得されても、畳の上の水練で、やってみなければわからなかった。
  5. 彼女を振り向かせる為には、恋愛本マニュアルを読むだけじゃ畳の上の水練だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事