【他山の石】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】

他山の石

【読み方】

たざんのいし

【意味】

他人の失敗や、誤ったり劣っている言動は、自分の為に利用する事が出来るという事。知徳を磨いたり、反省材料にする際に参考になるという事。

【語源由来】

中国最古の詩編『詩経』の『小雅・鶴鳴』篇にて、「他山の石、以て玉を攻むべし」とあるのに基づく。
「よその山から出た粗悪な石でも、自分の玉(宝となるもの)を磨く砥石として利用できる。」という意味から。
「他山の石とする」と表す場合もある。

【類義語】
・殷鑑遠からず
・上手は下手の手本下手は上手の手本
・前車の覆るは後車の戒め
・他山の石以て玉を攻むべし
・人こそ人の鏡
・人の上見て我が身を思え
・人の振り見て我が振り直せ
・人を鑑とせよ
・人を以て鑑と為す

【英語訳】
・a whetstone for the wits
・The fault of another is a good teacher.
・draw a lesson from something

「対岸の火事」と混同して、「自分には全く無関係なこと」という意味で使うのは誤りですので、気をつけましょう。
【スポンサーリンク】

「他山の石」の使い方

ともこ
この前、行くって言っていた旅行はどうだった?
健太
それが急に大雨が降って、傘が無かったからびしょ濡れだったよ。
ともこ
それは大変だったわね。他山の石として、私も明日の旅行には傘を持っていこう。
健太
明日、晴れたら良いね。

「他山の石」の例文

  1. 彼女の失敗を、他山の石として私も気をつけよう。
  2. そうやって他人事のように笑っているが、あなたも他山の石としたほうが良い。
  3. 私のこの失敗談を、他山の石として欲しい。
あくまでも「誤りや失敗など、他人の良くない言動」を対象に使う言葉であり、「他人の良い行いを教訓にする」という使い方はしないので注意が必要です。
その為、目上の人に向かって「あなたの行いを他山の石とします。」と使うのは失礼に当たりますので、気をつけましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事