【亭主の好きな赤烏帽子】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】

亭主の好きな赤烏帽子

【読み方】

ていしゅのすきなあかえぼし

【意味】

主人が好きなものなら、たとえそれが風変わりなものであっても、家族はそれに合わせて従わねばならないという事。

【語源・由来】

烏帽子という成人男子が用いた帽子は、昔黒塗りが普通であったが、一家の主人が赤い烏帽子が好きだと言えば、それが奇妙なものであっても家族はそれに従わねばならないという意味から。
一家の家長が無理を言っても家族が同調して合わせるべきという、昔の家制度から。

【類義語】
・
亭主が好きなら薦でもかぶれ
・亭主の好きな赤鰯

【英語訳】
・Family members should fall into line with the head of the family even if his taste is a little odd、like wearing a red eboshi、which is ordinarily black.

『江戸いろはかるた』の「て」の札に描かれています。
また「旦那の好きな赤烏帽子」と表すこともあります。
【スポンサーリンク】

「亭主の好きな赤烏帽子」の使い方

ともこ
ごちそうさまでした。ってあれ?君ってタコ嫌いだっけ?
健太
嫌いっていうか、食べた事が無いんだよね。
ともこ
それはずいぶん珍しいね、お家のご飯に出ないの?
健太
それが僕の父親がタコが嫌いで、まさに亭主の好きな赤烏帽子で食卓に出てきた事が無いんだ。

「亭主の好きな赤烏帽子」の例文

  1. 亭主の好きな赤烏帽子で、うちでは寝る前は必ず家族間でハグをしてからでないと、寝てはいけない。
  2. うちの絨毯は派手な黄色のものである。お父さんが選んだんだ。亭主の好きな赤烏帽子だ。
一説では、室町時代の松浦備後守という大名が、好んで赤烏帽子を着用しており、これを見た足利義政が絵に描き、肥後守に下げ渡したということから、この言い回しの元になったとされています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事