【鉄は熱いうちに打て】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】

鉄は熱いうちに打て

【読み方】

てつはあついうちにうて

【意味】

人は、柔軟性のある若いうちに、鍛えることが大事であるという事。また、物事をなす時は実行する時期が大切で、熱意のあるうちに行うのが良いという事。時機を逃すと成功しにくいという事。

「鉄は熱いうちに叩け」とするのは誤りなので、注意が必要です。
また、英語の「Strike while the iron is hot.」は主に「好機を利用する」という意味のみになりますが、日本語の「鉄は熱いうちに打て」はそれに加えて「若いうちに鍛えるべきだ」というニュアンスの意味も込められている事が特徴のため、若干の違いがある事を認識おくと良いでしょう。

【語源・由来】

イギリスのことわざ「Strike while the iron is hot.」から。
熱して柔らかいうちの鉄は、打っていろいろな形に出来ることから。

【類義語】
・老い木は曲がらぬ
・好機逸すべからず
・矯めるなら若木のうち
・鉄は熱いうちに鍛えよ

【英語訳】
・Strike while the iron is hot.

【スポンサーリンク】

「鉄は熱いうちに打て」の使い方

健太
なにか新しいスポーツでも始めてみようかな。
ともこ
それはいいね。これから就職活動だし、履歴書に趣味として書けたらいいよね。
健太
それもそうだね。鉄は熱いうちに打てというし、来週にでも調べてみよう。
ともこ
それをいうなら、今からでも調べたら良いのに。

「鉄は熱いうちに打て」の例文

  1. 英語教育は幼少期から始めた方が良いと言われている。まさに鉄は熱いうちに打て、である。
  2. 鉄は熱いうちに打て、なのだから、自分の気持ちが盛り上がっているうちに、すぐプロポーズした方が良いとおもう。
  3. その電話は今すぐに折り返した方が良いだろう。鉄は熱いうちに打てだぞ。
  4. 若い頃に肉体は鍛えておくべきで、年を取ってから初めて鉄は熱いうちに打て、を身にしみて感じるよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事