【茶腹も一時】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】

茶腹も一時

【読み方】

ちゃばらもいっとき

【意味】

わずかなものでも、一時をしのぐ事は出来るという事。本来の目的は果たせなくても急場はしのげるという事。

【語源・由来】

お茶を飲んだだけでも、しばらくは空腹をしのげることから。間に合わせとして少しばかりのものでも代用になるという事から。

【類義語】
・粥腹も一時
・水腹も一時
・湯腹も一時、松の木柱も三年

【英語訳】
・Kail spares bread.
・A bellyful is a bellyful, whether it be meat or drink.
・Anything is better than nothing.

「一時」を「ひととき」「いちじ」と読むのは誤りなので、注意が必要です。

「茶腹も一時」の使い方

健太
あ、なんだか空模様が怪しくなってきたね。
ともこ
本当ね。これからザッと雨が降るって天気予報でやっていたわ。傘、持ってきた?
健太
それが傘忘れちゃったんだよ。でも鞄の中にビニール袋があったから、茶腹も一時でこれでなんとかなるかな。
ともこ
あらあら、まったく。風邪を引くといけないから、この折りたたみ傘を貸すよ。

「茶服も一時」の例文

  1. 家電の部品が外れてしまった。茶服も一時でとりあえずはテープで留めておこう。
  2. 次の現場まで時間がないから、茶服の一時で昼食はおにぎり一つで済ます。
  3. 喉が非常に痛いが、今日は病院が休みなので茶服の一時で飴をなめる事にした。
  4. 茶腹も一時というが、本当にお茶を飲むだけで少しは空腹がまぎれるものだ。
日本には「茶」にまつわることわざが多いことから、昔から日本の文化に「茶」は深く根付いていた事が分かります。
・茶を濁す
・へそで茶を沸かす
・お茶の子さいさい
・余り茶を飲めば年が寄る
・朝茶は七里帰っても飲め など
最近の研究では、奈良時代には既に中国から日本に「茶」の文化は伝来していたと考えられています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事