【目を掛ける】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
目を掛ける

【読み方】
めをかける

【意味】
特別に注意して、面倒を見たり可愛がったりするという意味。


「目を掛ける」の使い方

健太
空手の師匠は、僕にだけ厳しいんだよ。
ともこ
それは、健太くんに才能があるから、師匠が健太くんに目を掛けているのよ。
健太
そっか、そう考えたら、なんか元気が出てきたよ。

<例文>

  1. 両親は体の弱い弟には、特に目を掛けている。
  2. 上司は、本当の父親のように僕に目を掛けてくれている。
  3. 今まで目を掛けて可愛がってきたのに、ひどい裏切りだ。
  4. 年が離れている妹と弟には、親のように目を掛けている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事