【弁慶の立ち往生】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
弁慶の立ち往生

【読み方】
べんけいのたちおうじょう

【意味】
進むことも、退くこともできないということのたとえ。

【語源・由来】
「弁慶(べんけい)」とは、源義経(みなもとのよしつね)の家来であった、武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)のこと。

衣川(ころもがわ)の合戦で、弁慶が義経をかばうために、弁慶は全身に敵の矢を受けながらも、大なぎなたを杖にして立ったまま、橋の中央で死んだということが由来とされている。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
It cannot progress, either, it cannot retreat, either.

「弁慶の立ち往生」の使い方

ともこ
昨日の試合は大変だったわね。
健太
そうなんだ。監督の指示にしたがったのに、チームメイトには責められてしまって、本当に困ってしまったよ。
ともこ
弁慶の立ち往生になってしまったのね。
健太
それでも、なんとか勝てたからよかったと思うよ。

「弁慶の立ち往生」の例文

  1. これじゃあ、弁慶の立ち往生じゃないか。
  2. しっかり練習をしてきたはずなのに、本番で急に段取りを忘れてしまって、弁慶の立ち往生になってしまった。
  3. 弁慶の立ち往生にならないように、しっかり考えて行動しろといつも言っているじゃないか。
  4. 相手の会社に無理な要求をされてしまったけれど、上司に相談したらすぐに断れと言われて、弁慶の立ち往生になってしまった。
  5. 先輩の指示を伝えようとすると、後輩には反発されてしまって、僕は弁慶の立ち往生になってしまった。

まとめ

弁慶の立ち往生の由来となったとされる、弁慶という人物は、とても心が強かったのではないのでしょうか。
源義経を守るために、自分が盾となり全身に矢を受けても、倒れないで守り続けるとは、簡単にできることではないですね。
強い忠誠心があるからこそ、できたことなのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事