【屁を放って尻窄める】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
屁を放って尻窄める

【読み方】
へをひってしりすぼめる

【意味】
失敗をしたあとで、取りつくろったり、誤魔化そうとしたりすることのたとえ。

【語源・由来】
「江戸いろはかるた」のひとつ。

人前でおならをしてしまってから、おならが出ないように尻を窄めることから。
「屁をこいて尻を窄める」「屁ひって後の尻窄め」「屁をひって尻つぼめ」ともいう。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
After death,the doctor.
It is hiding confusedly or patching up, after going.

「いろはかるた」とは、いろは47文字に「京」の文字を加えた48文字からなるかるたのこと。
地域により特色がある。
江戸のほかに、上方(京都)、大阪、尾張などがある。

「屁を放って尻窄める」の使い方

ともこ
健太くん、これはいったいどういうことなのか、しっかり説明してくれる?
健太
これは、ほら。初めはこんなことになると思っていなかったんだよ。だけど、失敗することもあるだろう?
ともこ
だからあれほど反対したでしょう。今さらそんなことを言っても、屁を放って尻窄めだわ。
健太
本当に反省しているよ。ごめんなさい。

「屁を放って尻窄める」の例文

  1. 彼は今さら体裁を繕おうとしても、屁を放って尻窄めだよ。
  2. あれだけの失言をしたのに、今になって弁解しても、屁を放って尻窄めるだ。
  3. 今になって謝罪文を送ってきても、屁を放って尻窄めにしかならないよ。
  4. もっと考えてから行動すべきだったと思わないのか。今さら謝っても、屁を放って尻窄めにしかならないだろう。
  5. こんな騒ぎになってから、謝罪の場を設けても、屁を放って尻窄めることにしかならないよ。

まとめ

失敗してしまったときには、屁を放って尻窄めるということをせずに、しっかりと謝ることが大切なのではないでしょうか。
そして、次に同じ失敗をくり返さないように注意したいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事