「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【蛤で海をかえる】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

「蛤で海をかえる」の意味(語源由来・類義語)

意味

【ことわざ】
蛤で海をかえる

【読み方】
はまぐりでうみをかえる

【意味】
とてもなしとげることができないこと、努力しようとも無駄なことのたとえ。

ことわざ博士
「蛤で海をかえる」ということわざは、実現不可能なこと、またはいくら努力しても無駄なことをする例えとして使われるんだよ。
助手ねこ
へぇ、蛤の貝殻で海を測ろうとするなんて、まったく無理な話やな。それで、どんなに頑張っても無理なこと、努力が無駄になることを表してるんやね。実現不可能なことをやろうとするのは、ただの無駄骨ってことや。

不可能なことに時間を費やすよりも、もっと実現可能なことに力を注ぐべきやってことやな。どんなに頑張っても達成できないことには手を出さない方がええって教えてくれてる言葉やな。

【語源由来】
蛤の貝殻で海水をくみ、新しい水と取り換えるという意から。

【類義語】
柄杓ひしゃくで海を換える
・貝殻で海を量る
・大海を手で塞ぐ

【スポンサーリンク】

「蛤で海をかえる」の解説

カンタン!解説
解説

「蛤で海をかえる」という表現は、中国の古典文学から来ている言葉で、「東方朔‐答客難」という作品に登場する「以レ管闚レ天、以レ蠡測レ海」という表現に基づいているんだ。これは、「竹の管で天を覗き見る」、「蛤の貝で海を測る」という意味があり、どちらも不可能なことを試みることを表しているんだよ。

このことわざの意味は、「到底成し遂げることができないこと」や「いくら努力しても無駄なこと」を例えるときに使われるんだ。蛤の貝殻で大海の水量を測るなんて、考えただけで不可能だよね。それくらい非現実的で、結果を出すことができない行為を象徴しているんだ。

例えば、小さなコップで大きな川の水を全部すくい取ろうとするようなこと。どんなに頑張っても、その目的を達成することはできないよね。そういう「どうしてもできないこと」や「努力しても無駄に終わること」を言い表すのに、「蛤で海をかえる」という表現を使うんだよ。

「蛤で海をかえる」の使い方

健太
僕の力で世界を変えたいな。
ともこ
勉強も努力もしない健太くんには、蛤で海をかえるような無謀な夢ね。
健太
これから頑張ればいいんだよ。
ともこ
頑張り続けることができるならいいけど、大抵三日坊主じゃない。
【スポンサーリンク】

「蛤で海をかえる」の例文

例文
  1. 1000mの高層ビルを建てるのは、蛤で海をかえるような計画だと思われた。
  2. 壊滅的な被害のあった被災地を復興するのは、蛤で海をかえるごとく無理に思えたが、ここを故郷とする人たちの熱い思いが世界に伝わり、復興のための募金が集まった。
  3. 一週間でこの学校に合格できるレベルに達するのは、蛤で海をかえるのと同じだろう。
  4. 蛤で海をかえるようなことばかり言ってないで、実現可能なことを言って。
  5. この広い砂丘で落としたピアスを探すのは、蛤で海をかえるのと一緒だよ。新しく買った方が良いって。

ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪