【日陰の豆も時が来ればはぜる】の意味と使い方の例文(類義語)

【ことわざ】
日陰の豆も時が来ればはぜる

【読み方】
ひかげのまめもときがくればはぜる

【意味】
日当たりの悪い場所で育った豆でも、時が来れば自然とさやからはじけ出るように、人間もたとえ成長が遅れていても、年頃になれば一人前になるということ。

【類義語】
・陰裏の桃の木も時が来れば花が咲く
・陰裏の豆もはじけ時

【スポンサーリンク】

「日陰の豆も時が来ればはぜる」の使い方

ともこ
お父さんに、ともこはいつまでたっても男の子と外で走り回っていて、いつになったら女性らしくなるのかなって言われたのよ。
健太
陰の豆も時が来ればはぜるっていうから、そんなに焦る必要はないのにね。
ともこ
そうよね。
健太
ともこちゃんのお父さんのような人に限って、ともこちゃんに彼氏ができると動揺したり反対したりするんだろうね。

「日陰の豆も時が来ればはぜる」の例文

  1. 人にはそれぞれの成長のペースがある、日陰の豆も時が来ればはぜるというからあたたかく見守りましょう。
  2. 今はまだ半人前の健太も、日陰の豆も時が来ればはぜる、いつかは一人前になって巣立つのだろう。
  3. 恋に興味がないともこちゃんだけど、日陰の豆も時が来ればはぜるというように、恋に目覚める時が来るんだろうね。
  4. 日陰の豆も時が来ればはぜるというが、健太くんんがはぜた瞬間、恋に落ちた瞬間をこの目で目撃してしまいました。
  5. いつまでも子供で心配だけど、日陰の豆も時が来ればはぜる、気長にまとう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事