【飛行機雲が立つ時は雨が近い】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
飛行機雲が立つ時は雨が近い

【読み方】
ひこうきぐもがたつときはあめがちかい

【意味】
飛行機が飛んだ後に飛行機雲が残ると雨が降りやすい。

【語源・由来】
上空の空気にたくさんの水分が含まれているとき飛行機雲が残る。そのため、飛行機雲が残るということは雨が降りやすいということ。

【類義語】
・飛行機雲は天気下り坂のきざし
・飛行機雲がすぐにきえると晴れ

【スポンサーリンク】

「飛行機雲が立つ時は雨が近い」の使い方

健太
今日の飛行機雲は長くてはっきりしているね。
ともこ
飛行機雲が立つ時は雨が近いというから雨になるかもね。
健太
あの飛行機がついでに雨雲のもとになる水蒸気を蒸発させてくれればいいのに。
ともこ
天気を人間の手で操作するようになったら、この地球は終わりだと思うわ。

「飛行機雲が立つ時は雨が近い」の例文

  1. 飛行機雲が立つ時は雨が近いという、今日はもっても明日は雨かな。
  2. 飛行機雲が立つ時は雨が近いというけれども、明日は遠足だから外れてほしい。
  3. 飛行機雲が立つ時は雨が近いというが、天気予報では曇りだった気がする。
  4. 飛行機雲が立つ時は雨が近いという、傘を持っていった方が無難だろう。
  5. 飛行機雲が立つ時は雨が近いといわれるから、雨が吹き込まないよう窓はしっかり閉めて行こう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪