「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【人一盛り】の意味と使い方や例文

「人一盛り」の意味

意味

【ことわざ】
人一盛り

【読み方】
ひとひとさかり

【意味】
人生で盛んな時は、ほんの一時にすぎないということ。

ことわざ博士
「人一盛り」は、人生において人が最も活躍し、盛んな時期も、ほんの一時期に過ぎないということを意味しているんだ。

この言葉は、どんなに栄えある時期も永遠に続くわけではなく、過ぎ去るものであることを教えてくれているんだよ。

助手ねこ
そうやねんな、人の盛り時ってのはあっという間に過ぎていくもんやから、その時期を大切にしなあかんってことやね。でも、それが終わった後も人生は続いていくわけやし、一時期の盛りに全てを賭けるんじゃなくて、長い目で人生を見ることも大切やな。

この言葉、今を生きる大切さと同時に、人生の長さや変わりゆくことへの対応も教えてくれてるんやね。盛りの時だけじゃなく、その後の人生もしっかりと見据えて、謙虚に、そしてしっかりと歩んでいこうってことやな。

【スポンサーリンク】

「人一盛り」の解説

カンタン!解説
解説

「人一盛り」っていうのは、人生の中で最も輝いている時期や最盛期も、ほんの一瞬のことであり、それが永遠に続くわけではないということを表しているんだ。この言葉は、人生の変遷や無常観を示しており、どんなに今が良い時期であっても、それに過信せず、謙虚な心を忘れないようにという教えが込められているよ。

このことわざは、成功や幸運が永遠に続くわけではなく、時には困難や逆境が訪れることもあるという現実を受け入れることの重要性を教えてくれているんだ。だから、人生の盛り時には感謝の気持ちを持ちつつも、未来に向けて準備を怠らず、謙虚さを忘れずにいることが大切なんだね。

また、「人一盛り」は、人生のある時期だけに固執するのではなく、人生の全体を見渡して、変化に対応しながら、常に成長し続けることの大切さをも示しているよ。人生の各段階にはそれぞれの価値があり、一時期の成功に満足するのではなく、人生の長い流れの中で意味を見出し、自分自身を成長させていく姿勢が重要なんだ。

この言葉は、人生の不変の真理の一つを表していて、常に変化し、進化することの大切さ、そして、どんな時も謙虚でいることの美徳を私たちに思い出させてくれるんだよ。

「人一盛り」の使い方

健太
ねえ、見てよ。サッカー部のキャプテン、また素晴らしいゴール決めたよ!
ともこ
すごいよね。でも、あの先輩も人一盛りだよ。今が全盛期かもしれないけど、ずっとそのままってわけにはいかないんだから。
健太
そうかもしれないけど、今を全力で楽しんでるのは素敵だと思うよ。
ともこ
確かにそうだね。私たちも今の瞬間を大切にしなきゃね。
【スポンサーリンク】

「人一盛り」の例文

例文
  1. 彼のビジネスが成功したが、人一盛りだからその成功が続くかどうかはわからない。
  2. 彼女は大学を卒業して就職したばかりで、人一盛りの時期だ。
  3. チームは新しいキャプテンを迎え、今は人一盛りの状態だが、試合での実績が問われる。
  4. 新商品の発売で会社は人一盛りだが、市場の反応がどうなるかはわからない。
  5. 彼は絶好調で、今は人一盛りの状態にあるが長続きするかは不透明だ。

ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪