【風樹の嘆】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

風樹の嘆

【読み方】

ふうじゅのたん

【意味】

親孝行をしたいと思っても、その時には親は居らず親孝行する事が出来ないと嘆いている事。

【語源・由来】

中国前漢時代の韓嬰による著書『韓詩外伝』にて、「樹静かならんと欲すれども風止まず。子養わんと欲すれども親待たず。往きて見るを得べからざる者は親なり(木が静かにしたいと思っていても、風がやまないのでどうすることもできない。孝行したいと子が思っても親は待ってくれない。あの世に行ってしまえば二度と会えないものは親である)」という記述から。
「風樹」とは、風に吹かれて揺れ動く樹木のことを表し、風の有無で揺れ動く樹木のように、どうすることもできない事から。

【類義語】
・石に布団は着せられず
・樹静かならんと欲すれども風止まず
・孝行のしたい時分に親はなし
・子養わんと欲すれども親待たず
・墓に布団は着せられず

【対義語】

【英語訳】
・A good thing is known when it is lost.
・regretting one’s unkindness to one’s deceased parents when they were alive

「風樹の嘆き」「風木の嘆き」「風樹の悲しみ」と表すこともあります。

「風樹の嘆」の使い方

健太
先日、僕の父親が還暦を迎えたので、家族でお祝いをしたんだ。
ともこ
まあ、とても素敵ね。君のご家族はとても仲が良いんだね。
健太
昔はあまり父の事は好きじゃなかったんだけどね。大人になるにつれて親孝行をしなければ、と思うようになったんだよ。
ともこ
良い心がけね。風樹の嘆となってしまっては遅いものね。

「風樹の嘆」の例文

  1. 父が亡くなってもう5年経つが、未だに風樹の嘆といったところである。
  2. 風樹の嘆とならないように、今のうちから親孝行を心がけるべきである。
  3. まさに風樹の嘆で、亡くなってから初めて親に対する孝行の気持ちが湧いてくる。
  4. 当時の自分は風樹の嘆という言葉を知らず、親には辛く当たっていた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事