【覆水盆に返らず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

覆水盆に返らず

【読み方】

ふくすいぼんにかえらず

【意味】

一度離縁してしまった夫婦の仲は元に戻らない事。また、一度してしまった失敗は取り返しがつかないという事。

【語源・由来】

中国・後秦の王嘉による志怪小説集『拾遺記』 より、「周の太公望は、若い頃貧乏なのに働かず読書ばかりしていたので、妻は愛想を尽かし出て行った。後に太公望が出世して高位につくと、出て行った妻が復縁を求めてきたが、そのとき太公望は盆の水をこぼして「この水を元に戻せたら復縁に応じよう」と言った。」という記述から。
「覆水」とは、こぼれた水のことを表す。

【類義語】
・破鏡重ねて照らさず、落花枝に上り難し
・落花枝に返らず、破鏡再び照らさず
・覆水収め難し
・覆水不返
・覆水難収
・覆水不可収

【対義語】

【英語訳】
・It is no use crying over spilt milk.
・Things done cannot be undone.

「覆水盆に帰らず」と書くのは誤りなので、注意が必要です。
このことわざでいう「盆」とは日本のような平らなものではなく、ボウル状のものを指しています。

「覆水盆に返らず」の使い方

健太
大変だ。洋服に醤油をこぼしてしまった。うっかりしてたなぁ。
ともこ
ずいぶん大幅に汚してしまったわね。ぼーっとしているから。
健太
これは、僕がお金を貯めてやっと手に入れた限定モノのTシャツだったんだ。
ともこ
覆水盆に返らずというし、やってしまったことはもう取り返しがつかないわ。

「覆水盆に返らず」の例文

  1. 覆水盆に返らずというように、もうあなたと私の関係は修復する事はないわ。
  2. いくら悔やんだったって、実行してしまった以上何があっても覆水盆に返らずだ。
  3. 失敗して初めて、覆水盆に返らずの意味を痛感する事となりました。
  4. 覆水盆に返らずとはいえど、可能であればもう一度やり直させて欲しい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事