【百聞は一見に如かず】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
百聞は一見に如かず

【読み方】
ひゃくぶんはいっけんにしかず

【意味】
あれこれと何度も人から聞くよりも、実際に自分の目で確かめるほうが確実だというたとえ。

「如かず(しかず)」とは、「及ばない」という意味。

【語源・由来】
中国の「漢書(かんじょ)趙充国伝(ちょうじゅうこくでん)」にある言葉が由来。
「百聞は一見に如かず。兵はるかに度(はか)り難し。臣願わくは馳せて金城(きんじょう)に至り、図して方略をたてまつらん。」
戦のことは遠く離れたところにいたのではわかりません。私が金城に駆け付けて状況を探り、図に書いて作戦計画を奏上いたしましょう。
とあることに基づく。

【類義語】
・千聞一見に如かず(せんぶんいっけんにしかず)
・百聞は目見に如かず

【英語訳】
Seeing is believing.

【スポンサーリンク】

「百聞は一見に如かず」の使い方

健太
旅行の時に見た景色はとてもきれいだったよ。
ともこちゃんにも見せたかったな。
ともこ
どんな景色だったの?
健太
空が青くて、遠くに緑色の山が見えていて…。
ともこ
百聞は一見に如かずというから、実際に見てみたいわ。

「百聞は一見に如かず」の例文

  1. 本はたくさん読んでいるけれど、百聞は一見に如かずということがある。
  2. 百聞は一見に如かずだ。実際にキュウリを育てて観察をしてみよう。
  3. あの映画の面白さは何度説明してもうまく伝わらないから、百聞は一見に如かずというように実際に映画を見て欲しい。
  4. 話には何度も聞いていたけれど、この景色はまさに百聞は一見に如かずだ。
  5. マラソンの大変さは聞いていたけれど、百聞は一見に如かずだと思い参加を決めた。
「百聞(ひゃくぶん)」を「百文」と書くのは誤りなので注意が必要。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事