【烏合の衆】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
烏合の衆

【読み方】
うごうのしゅう

【意味】
烏(からす)の集まりということで、数は多いが、まとまりがなく役にも立たない人々の集まりをたとえたことば。

【語源・由来】
「後漢書」の中の「今東帝無尺寸之柄、驅烏合之眾、跨馬陷敵、所向輒平」が由来です。
東帝(劉秀・りゅうしゅう)が王郎と戦う事になりましたが、敵は兵の数が多いため、東帝は王郎を倒せるか心配になりました。
すると部下が「王郎は烏合の衆を集めただけだから、この戦は勝てますよ」と言って東帝を励ましました。
そこから、統率のない群衆や軍勢をあざけて、烏合の衆と呼ぶようになりました。

「烏合」とは、カラスの集団という意味です。
昔の人はカラスが鳥の中で最も知能が高いと知らなかったため、昔は馬鹿な鳥のように扱われていました。

【類義語】
・瓦合の衆
・有象無象
・付和雷同
・群衆

【英語訳】
・A disorderly crowd.
・The mob has many heads but no brains.


「烏合の衆」の使い方

ともこ
明日はうちの学校の野球部が、隣の学校の野球部と試合をするわね。
健太
楽しみだよね。敵は去年まではものすごい強かったけど、強い部員がみんな卒業しちゃったから、今年は楽勝だね。
ともこ
そうね。全然まとまりがなくなったって聞いているし、チームプレーが悪くなったみたい。
健太
烏合の衆になったってことだね。

「烏合の衆」の例文

  1. 我が軍が到着した時にはすでに実戦経験のない味方部隊は烏合の衆と化していた。私の恐れていたことが現実になってしまった。
  2.  農民ばかりを集めた1000人の烏合の衆よりも、歴戦の猛者を100人集めた軍勢の方が絶対に有利なのはわかりきった事だった。
  3.  烏合の衆をもって我がチームに勝とうとするのか。それは愚かな行為と言うしかあるまい。
  4.  ひとりのプレイヤーに頼りっきりだったこのオンラインゲームでは、そのプレイヤーが退会したことで残ったプレイヤーは烏合の衆となり、敵に立ち向かうことが難しくなった。
  5.  敵は一見するとバラバラに動いていて烏合の衆にも思えるが、実際は緻密に計算した動きをしている事に私は気が付いた。
  6.  私はこの戦に勝ち目はないから今すぐ撤退をするべきだと進言したが、将軍は敵城主の首を取れば残りは烏合の衆だから大丈夫だと言い張って聞かなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事