【人の噂も七十五日】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
人の噂も七十五日

【読み方】
ひとのうわさもしちじゅうごにち

【意味】
人の噂は長く続くものではなく、七十五日もすれば忘れられてしまうというたとえ。

【語源・由来】
噂を立てられても、人は飽きっぽいものなので、聞き流しているうちに別の噂が流れ始めるということが由来。

【類義語】
・人の上は百日
・人の口に戸は立てられぬ

【英語訳】
A wonder lasts but nine days.
It will be a nine day’s wonder.


「人の噂も七十五日」の使い方

健太
どうしよう。
僕とともこちゃんが、将来結婚するなんて噂でもちきりだよ。
ともこ
みんなが噂しているなんて、驚いてしまうわね。
健太
ともこちゃんは、どうしてそんなに落ち着いているんだい?
ともこ
人の噂も七十五日というから、あまり気にしなくていいと思うわ。

「人の噂も七十五日」の例文

  1. 人の噂も七十五日というけれど、こんなに事件が続いているので十日もたたずにすぐに忘れられてしまう。
  2. あんなに夢中で噂をしていたのに、一週間もせずに今度は次の噂をしている。人の噂も七十五日というけれどそれほど長続きはしないものだな。
  3. 人の噂も七十五日というから、あまり気にしなくても大丈夫だよと友人に言われた。
  4. とても驚くニュースが流れたけれど、人の噂も七十五日だからそれほど長くは騒がれないよ。
  5. 人の噂も七十五日というけれど、あれほど世間を騒がせた大事件も、今では一か月もたたずに忘れられてしまったようだ。
「七十五日」は、「四十五日」や「四十九日」、「七十九日」と間違いやすいので注意が必要。

まとめ

良いことでも、悪いことでも、噂が好きという人は多いのではないでしょうか。
また、噂をしているつもりはなくても、気になる情報の話をすることが噂をしていることになる場合もありますね。
どちらの場合でも、長い時間興味を持ち続けることはむずかしいことではないでしょうか。
噂をされる側になってしまった場合には、人の噂も七十五日だと気にせずに過ごしたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事