【紅一点】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
紅一点

【読み方】
こういってん

【意味】
男性の中に、女性がひとり華やかに混じっているというたとえ。
また、平凡な中に異彩を放つものがひとつだけ存在するということ。

【語源・由来】
「書言故事大全・花木類」は、宋の王安石(おうあんせき)の「石榴(せきりゅう=ざくろ)の詩」に、
「万緑叢中紅一点(ばんりょくそうちゅうこういってん)、人を動かす春色多きを須(もち)いず」
人の心を動かすような春の景色というものは、多くのものを必要としない。生い茂る緑の中に、ただひとつ赤い花があればいい。
と、あることに基づくとされているが、その詩の存在は確かではない。

【類義語】
・万緑叢中紅一点(ばんりょくそうちゅうこういってん)
・鶏群の一鶴(けいぐんのいっかく)
・掃き溜めに鶴(はきだめにつる)

【対義語】

【英語訳】
Only woman. She is preeminent in many men.

「赤一点」と書くのは誤りなので注意が必要。

「紅一点」の使い方

健太
うちのサッカーチームは、ともこちゃんの他はみんな男ばかりだよね。
ともこ
そうね。女の子はひとりだけね。
健太
紅一点なのに、試合にも出ていてすごいなぁ。
ともこ
ありがとう。

「紅一点」の例文

  1. 彼女はこの会社の紅一点だが、営業成績はいつも上位でみんなに尊敬されている。
  2. 今回の乗馬の大会では参加した中で紅一点の選手が、見事に優勝杯を手にした。
  3. 彼女は紅一点として、次に無人島に散策する探検隊に参加が決まった。
  4. 地区大会では負けたことのないこのチームは、紅一点がピッチャーを立派に務めている。
  5. 次に公演される舞台の主役は、うちの劇団の紅一点に決まった。

まとめ

男の人の中に、女の人がひとりだけいると、特に華やかに見えるのではないでしょうか。
男の人が多く活躍する場所にも、紅一点と言わず、たくさんの女性が活躍できると良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事