【光陰矢の如し】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
光陰矢の如し

【読み方】
こういんやのごとし

【意味】
月日はとどまることなく、早く過ぎてしまうというたとえ。

【語源・由来】
「光」は日、「陰」は月の意味。
「光陰」とは、年月のことをいう。
放たれた矢のように、あっという間に月日が経ってしまうこと。

【類義語】
・月日に関守なし(つきひにせきもりなし)
・光陰に関守なし(こういんにせきもりなし)
・歳月人を待たず(さいげつひとをまたず)
・光陰流水の如し(こういんりゅうすいのごとし)

【英語訳】
Time flies(like an arrow).
Time and tide wait for no man.
It is very early that time passes away.

【スポンサーリンク】

「光陰矢の如し」の使い方

健太
昨日おばあちゃんの家に遊びに行ってきたんだ。
ともこ
健太くんのおばあちゃんは、お元気だったかしら?
健太
おばあちゃんはとても元気だったよ。おじいちゃんが亡くなってから、もう5年も経つなんて早いと話していたよ。
ともこ
光陰矢の如しね。

「光陰矢の如し」の例文

  1. 息子が家を出てから、もう10年も経つのか。光陰矢の如しだ。
  2. 光陰矢の如しというけれど、大学を卒業してからもう20年も経つのか。どうりでみんな年を取るわけだな。
  3. 同窓会を開くというので、まだ早いのではないかと思ったけれど、光陰矢の如し。卒業してから15年も経っていた。
  4. 留学してからもう3年経ったなんて、光陰矢の如しだ。
  5. 時が流れるのは本当に早いもので、あの事件からもう30年も経っているのか。光陰矢の如しだね。
スピードが速いという意味で使うのは誤りなので、注意が必要。
「あの車は時速300キロでるらしいよ。光陰矢の如しだね。」と使うのは誤り。

まとめ

光陰矢の如しというように、時は止まることなくあっという間に過ぎ去ってしまいますが、だからこそ毎日を大切に過ごしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事