【二足の草鞋を履く】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
二足の草鞋を履く

【読み方】
にそくのわらじをはく

【意味】
両立しないような二種類の職業・任務を、一人で兼ねることをいう。

もともとは、あまり良い意味では使われない。

【語源・由来】
江戸時代に、ばくち打ちが岡っ引き(十手を預かり、同じばくち打ちを捕まえる)を兼ねることをいった。

【類義語】
・二足のわらじ
・二股膏薬

【対義語】

【英語訳】
・Be engaged in two trades at the same time.

英語では、A man cannot serve two masters.(二君につかえることはできない。)ということわざがあります。

「二足の草鞋を履く」の使い方

ともこ
健太くん、なにをそんなに怒っているの?
健太
お父さんがサッカーシューズを買ってくれないんだ。
仲良しの友達が今度サッカーを始めるから、ぼくも一緒にやりたかったのに。
ともこ
それは残念だったわね。
でも健太くんは野球をずっと続けているんだから、野球をもっともっと頑張れば良いじゃない。
健太
そっか!二足の草鞋を履くんじゃ、どっちもなかなか上達しなくなっちゃうかもしれないもんね。

「二足の草鞋を履く」の例文

  1. 彼女は会社務めをして働きながら、小説家になることを目指しています。
    そんな二足の草鞋を履くような生活を、もう何年も続けているのです。
  2. わたしはこのダムの建設に反対する運動をしています。
    しかしわたしの勤める会社が、ダムの建設事業に関連していることがわかった以上、もう二足の草鞋を履くことはできません。
  3. 周りは初め、彼が二足の草鞋を履くことに反対した。
    しかし今では彼は世界的な映画監督の一人であり、一流のお笑い芸人でもあるのだ。
  4. 君が自分の会社を続けながらこの仕事も見て行くというのなら、ぼくはこの仕事からは手を引くよ。
    そんな二足の草鞋を履くようなやり方で、成功できるような仕事ではないんだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事