【三遍回って煙草にしょ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
三遍回って煙草にしょ

【読み方】
さんべんまわってたばこにしょ

【意味】
休むことを急いであと回しにしないで、念には念を入れて落ち度のないように気をつけようというたとえ。

【語源・由来】
・昔、夜回りの人が念のために三回夜回りをしてから、休憩の煙草を吸おうとしたことが由来とされている。
・江戸版「いろはかるた」のひとつとされている。

【類義語】
・念には念を入れよ
・浅い川も深く渡れ
・石橋を叩いて渡る

【英語訳】
Measure three times before cutting once.

意味は同じだが、「三遍」を「三回」「三度」とするのは誤り。
江戸版「いろはかるた」とは、いろは47字に「京」という文字を加えた48文字をを頭字として、ことわざやたとえを集めたかるたのこと。
「以呂波加留多」と書く。
内容は、江戸や大阪、尾張(現在の愛知県西部付近)などで異なっていて、地方の特色がある。

「三遍回って煙草にしょ」の使い方

健太
今日は放課後に掃除がきちんと終わったか、確認しなきゃいけないんだ。
ともこ
そうなの?大変ね。
健太
友達とサッカーの約束をしているから、早く遊びに行きたいのに!
ともこ
しっかり確認して、仕事を終わらせた方がいいわよ。
三遍回って煙草にしょよ。

「三遍回って煙草にしょ」の例文

  1. 三遍回って煙草にしょというから、もう一回見回りをしてから休憩しようか。
  2. 作業が終わったと思ったけれど、三遍回って煙草にしょというから、もう一度点検しよう。
  3. 早く遊びに行きたいけれど、お母さんに頼まれたお手伝いをしっかり終わらせた。三遍回って煙草にしょだ。
  4. 会議に使う書類を作っていて、完璧だと思ったけれど三遍回って煙草にしょというから、もう一度確認をしよう。
  5. 疲れたから早く休みたいけれど、三遍回って煙草にしょというから、戸締りの確認をしてこよう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事