【大智は愚の如し】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
大智は愚の如し

【読み方】
たいちはぐのごとし

【意味】
真に知恵のあるものは、そのことをひけらかしたりしない。しかしそのせいで、ちょっと見ただけでは愚か者のようにみえるというたとえ。

【語源・由来】
「蘇軾(そしょく)」「賀欧陽少師致仕啓(おうようしょうしのちしをがするのけい)」より出典。
「大勇は怯なるが若く、大智は愚の如し」
本当に勇気のある者は一見臆病者のように見え、本当に知恵ある者は一見愚か者のように見える
と、あることに基づく。

【類義語】
・大賢は愚なるが如し(たいけんはぐなるがごとし)
・大巧は拙なるが若し(たいこうはせつなるがごとし)
・能ある鷹は爪を隠す(のうあるたかはつめをかくす)
・深い川は静かに流れる(ふかいかわはしずかにながれる)

【対義語】

【英語訳】
The wise man often must play the fool.
Extremes meet.
And he is oft the wisest man who is not wise at all.

「大智は愚の如し」の使い方

健太
ともこちゃんは、どうしていつもあの子と仲良くしているの?
ともこ
少し大人しいけれど、とてもいい子なの。
健太
そうは見えないけど、もしかして大智は愚の如しということかい?
ともこ
そうね、彼女はとても多くの知識を持っているから、話していても勉強になることばかりよ。

「大智は愚の如し」の例文

  1. 大智は愚の如しというけれど、彼があれほどの知識を持っているとは知らなかったよ。
  2. 彼女は控えめで人の後ろにいることが多いけれど、困っている人を次々に助けてしまうんだ。大智は愚の如しということか。
  3. たいした知恵もないのに、どうしていつも目立とうとするんだ。大智は愚の如しということを知らないのか。

まとめ

大智は愚の如しというように、本当に知恵がある人は、その知恵を自慢しないのかもしれないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事