【大事の前の小事】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
大事の前の小事

【読み方】
だいじのまえのしょうじ

【意味】
大きなことに取りかかるときには、小さなことにも気を配り、決して油断してはいけないというたとえ。
また、大きな目的のためには、小さなことを犠牲には構っていられないということ。

【語源・由来】
「大事(だいじ)」とは、大規模な事業という意味。
「小事(しょうじ)」の意味は、使い方によって異なる。
大きなことを行う場合には、小さな手抜かりに気を付けないと、失敗を招いてしまう恐れがあるということ。
もうひとつは、大きな目的を達成するためには、小さな犠牲は構わないということ。

【類義語】
・小の虫を殺して大の虫を助ける(しょうのむしをころしてだいのむしをたすける)

【対義語】

【英語訳】
The thin edge of the wedge is to be feared.

「大事の前の小事」の使い方

健太
今回のイベントを成功させるためには、しっかりと準備を進めよう。
ともこ
そうね、小さなことをひとつひとつ確実に進めていきましょう。
健太
まずは計画書を見て、問題がないかチェックしようか。
ともこ
大事の前の小事ということね。

「大事の前の小事」の例文

  1. 大事の前の小事というのだから、たとえ小さな問題だとしても、しっかり解決してから進めよう。
  2. 大事の前の小事というから、その件も考慮して話し合いながら進めることにしよう。
  3. 今さらそんな抗議をされても、この計画はこのまま進めるしかないんだ。大事の前の小事というだろう。
「大事」を、「大事件」という意味で使うのは誤りなので注意が必要。
「こんなことが続いているのは、いつか大きな事件が起こるからかもしれない。大事の前の小事というだろう。」
と、使うのは誤り。

まとめ

大きなことを行う際には、小さなことにも気を配ることで、失敗を回避できるのではないでしょうか。
また、大事の前の小事には、大きな目的を達成するためには、小さな犠牲は止むおえないという使い方もあるのですね。
気をつけて使いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事