【治に居て乱を忘れず】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
治に居て乱を忘れず

【読み方】
ちにいてらんをわすれず

【意味】
太平の世にあっても乱世となった場合の準備を忘れない。いつでも万一の時の用意を怠らないこと。

【語源・由来】
「易経・繁辞伝」の「君子は安にして危を忘れず、存にして亡を忘れず、治にいて乱を忘れず」から。

【類義語】
・安に居て危を思う。(あんにいてきをおもう)

【英語訳】
In prosperity prepare for adversity.(治に居て乱に備えよ)

【スポンサーリンク】

「治に居て乱を忘れず」の使い方

ともこ
健太君。きょうも元気そうね。
健太
テストがないのは平和でいい。
ともこ
治に居て乱を忘れず、いつ抜き打ちテストがあるかわからないわよ。
健太
げっ、もしかして今日。ともちゃん知ってたの?

「治に居て乱を忘れず」の例文

  1. 平穏無事に過ごしている毎日であればこそ、治に居て乱を忘れず、危機意識を維持することが大切です。
  2. 会社の業績は10年連続の増益で安定して業績は伸びていますが、治に居て乱を忘れずと言われます。気を緩めることがないようにしましょう。
  3. 国内を見ていると海外のテロがウソのようですが、治に居て乱を忘れず、油断しているとテロの芽がいつか国内にも出る可能性はあります。
  4. 治に居て乱を忘れずと思っていれば、乱の起こる可能性は低くなります。仮に起こったとしても被害は最小限に抑えることができるます。

まとめ

地球規模で歴史を見てみると、世界中で戦争が全くなかったという時代はあるのでしょうか。海外のニュースを見ていると世界中のどこかで武力による問題解決が行われています。なぜ人はその道を選ぶのでしょうか。貧しくとも平穏な生活を望む人が多いはずなのに不思議です。
望まないのに強要される場合があります。治に居て乱を忘れないで準備しておくことが必要なのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本