【隣の花は赤い】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

隣の花は赤い

【読み方】

となりのはなはあかい

【意味】

他人のものは何でもよく見えてしまい、羨ましく感じてしまう事。他人の持つ珍しいものをすぐに欲しがってしまう事。

【語源・由来】

隣に咲いている花は、自分の家に咲いている花よりも、なぜか赤く美しく見える事から。

【類義語】
・内の米の飯より隣の麦飯
・隣の芝生は青く見える
・隣の糂汰味噌
・隣の牡丹は大きく見える
・他人の飯は白い

【対義語】
・隣の白飯より内の粟飯
・人の物より自分の物

【英語訳】
・The grass is always greener on the other side of the fence.
・Our neighbour’s ground yields better corn than our own.
・the neighbour’s flowers are redder

「隣の薔薇は赤い」と表すこともあります。

「隣の花は赤い」の使い方

健太
いただきます。そういえば、君のお弁当は、いつも誰が作っているの?
ともこ
私のお母さんよ。いつも朝早くから作ってくれてるわ。
健太
そうなんだ、見るたびに美味しそうで羨ましいよ。僕のお弁当もお母さんが作ってるけど、見た目がね。
ともこ
そんなことないわ。隣の花は赤いだけで、あなたのお弁当もとても美味しそうよ。

「隣の花は赤い」の例文

  1. 隣の花は赤いもので、同級生なのにあの子の方が、私の息子よりも行儀が良くていい子だと思う。
  2. いくら隣の花は赤いといったって、親を交換する事は出来ないのだから、文句を言ってはいけないよ。
  3. 最近、真新しい家具を買ったばかりのところに、彼女も最近購入したというアンティークの家具を写真で見せてきた。隣の花は赤く見えた。
  4. まさに隣の花は赤く、私の妻より彼の妻の方が出来がよく思っていたが、実際のところは彼も彼で大変らしい。
  5. ただ隣の花は赤く見えているだけで、君の才能というのも、それはそれでとても素晴らしい物である。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事