【物は相談】の意味と使い方の例文(類義語・英語訳)

【ことわざ】
物は相談

【読み方】
ものはそうだん

【意味】
困ったときには一人で思い悩まずに、とにかく人に相談したほうがよいということ。
相談事を持ちかけるときに「物は相談だが・・・」と前置きのことば。

ふだんよくつかう「物」ということばには多くの意味が含まれています。「形のある物体」、「存在の感知できる対象」のほか、「対象を特定のことばで指し示す漠然(ばくぜん)ととらえた表現」としても用いられます。このことわざの場合は、いいにくいことを漠然と示すことばとして用いられています。

【類義語】
膝とも談合(ひざともだんごう)

【英語訳】
Consult with your pillow

【スポンサーリンク】

「物は相談」の使い方

健太
物は相談なんだけど、ともちゃんにしかお願いできないことがあるんだ。
ともこ
いやね。何なの、はっきり言いなさいよ。
健太
急に用事があって早く帰らないといけないんだ。他の人には頼みにくくて。お願い、今日の花壇の水やり当番代わってくれない。
ともこ
いいわよ。その代わり学級新聞作るのてつだってね。

「物は相談」の例文

  1. 物は相談なのですが、来年度の会計監事を引き受けていただけないでしょうか。
  2. 今回の請負契約(うけおいけいやく)において、物は相談ですが、単価の増額をお願いしたいと思っております。
  3. いろいろと検討してまいりましたが、良い案がありません。そこで、物は相談です。ご教示(きょうじ)いただけないでしょうか。
  4. 物は相談とはいいますが、申し少し努力しましょう。今の段階では相談に行っても、まだ甘いと言われるだけでしょう。

まとめ

急に難しいお願いを切り出すよりは、物は相談ですがと前置きしたほうが、受けたほうは心の準備もできますし、相手が困っていることも理解できます。答えるほうも「ダメです」と即決するのも失礼ですので「少しお時間をいただきます」、「検討させて下さい」と間合いを切ることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事