【武士は食わねど高楊枝】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

武士は食わねど高楊枝

【読み方】

ぶしはくわねどたかようじ

【意味】

たとえ貧しい境遇にあっても、貧しさを表に出さず気位を高く持って生きるべきだという事。また、貧しいのにも関わらず気丈に振るまい、やせ我慢する事。

【語源・由来】

名誉を重んじる武士は、例え貧しくて食事がとれない時でも満腹を装って爪楊枝を使うことから。
武士の心意気が垣間見れるが、言い換えれば、見栄を張っているとも見える事から。

【類義語】
・悪木盗泉
・内裸でも外錦
・渇しても盗泉の水を飲まず
・鷹は飢えても穂を摘まず
・虎は飢えても死したる肉を食わず
・熱しても悪木の陰に憩わず

【対義語】

【英語訳】
・Better go to bed supperless than rise in debt.
・Eagles eat no flies.

「高楊枝」とは、食後に悠然と爪楊枝を使うという意味を表しています。
また、『上方いろはかるた』『尾張いろはかるた』の「ふ」の札に描かれています。

「武士は食わねど高楊枝」の使い方

ともこ
そういえば、学食で君がよく買っていた焼きそばパンが、今後販売を中止するみたいよ。
健太
嘘だ、信じられない!・・・でもまあ、僕は別にそんなに好きじゃなかったんだけどね。
ともこ
また、そんなこと言って。武士は食わねど高楊枝で、本当はがっかりしてるけど強がってるんじゃないの?
健太
そんなことないよ。本当に元からそれほど好きではなかったよ。

「武士は食わねど高楊枝」の例文

  1. 武士は食わねど高楊枝で、辛いときこそ悠々としているのが僕の美学である。
  2. 彼はああ言っているけれど、武士は食わねど高楊枝できっとやせ我慢をしているだけだろう。
  3. 本当はかなり貧しかったが、武士は食わねど高楊枝で、それを周りに感じさせない男だった。
  4. 武士は食わねど高楊枝といえども、あまりのひもじさに体裁を保ってもいられなくなった。
  5. 武士は食わねど高楊枝と、見栄を張っていても彼女には見破られてしまう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事