【逆鱗に触れる】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
逆鱗に触れる

【読み方】
げきりんにふれる

【意味】
目上の人を激しく怒らせてしまうこと。

【語源・由来】
「逆鱗(げきりん)」とは、竜のあごの下に逆さに生えた鱗(うろこ)のこと。
人がその鱗に触れると、竜が必ず怒ってその人を殺してしまうという伝説があった。

「韓非子(かんぴし)」税難(ぜいなん)より。
「その喉下に逆鱗径尺なる有り、若し人これにふるる者あらば、則ち必ず人を殺さん。人主も亦た逆鱗有り、説く者は能く人主の逆鱗にふるること無くんば、則ち幾からん」
(君主にも逆鱗というものがあるので、君主に意見を述べるときには、その逆鱗に触れないように気を付けることが大切だ)
と説いたことから由来している。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
Imperial wrath is touched. To infuriate your superior.

「逆鱗に触れる」の使い方

健太
ともこちゃん、ぼくがここにいることは秘密にしてくれないかな。
ともこ
健太くん、どうして隠れているの?
健太
昨日サッカーの練習をサボったことが、監督にバレてしまったんだ。
ともこ
逆鱗に触れてしまって、逃げているのね。

「逆鱗に触れる」の例文

  1. 助言を聞かずに失敗してしまって、上司の逆鱗に触れてしまった。
  2. 社長の逆鱗に触れてしまい、左遷させられてしまった。
  3. サインを無視して勝手なプレーをして、監督の逆鱗に触れた
  4. いたずらをして、先生の逆鱗に触れた
  5. 口答えをしてしまったことが、先輩の逆鱗に触れてしまった。
目下の人を怒らせた時に使うのは誤りなので注意が必要。
「部長の言葉が、部下の逆鱗に触れた。」と使うのは誤り。
自分の怒りについていうのは、不適切なので使用には注意が必要。
「彼女の行動は、私の逆鱗に触れた。」と使うのは不適切。

まとめ

逆鱗に触れるというほどに、目上の人を怒らせることのないように、気をつけて生活をしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事