【春に三日の晴れ無し】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
春に三日の晴れ無し

【読み方】
はるにみっかのはれなし

【意味】
春の晴天は三日ともたない。春は雨が多いということ。

【語源・由来】
春は雨が多いことから。

【スポンサーリンク】

「春に三日の晴れ無し」の使い方

健太
春に三日の晴れ無しというけど、これで何日目の雨?
ともこ
四日目かな。
健太
雨が多いといっても四日も降るとうんざりするね。
ともこ
せっかく春が来たのに肌寒い日が続いて、冬に戻ったかのようね。

「春に三日の晴れ無し」の例文

  1. 春はぽかぽかのイメージだが、春に三日の晴れ無しというように意外と雨が降る。
  2. 春に三日の晴れ無しという、毎日折り畳み傘を持った方が良い。
  3. 春に三日の晴れ無しというが、桜散らしの雨は勘弁していただきたい。
  4. 春に三日の晴れ無しという、今日もまた雨になりそうな気配だ。
  5. 春に三日の晴れ無しというけれども、入学式は晴れてほしい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪