【春の雪と叔母の杖は怖くない】の意味と使い方や例文(語源由来)

【ことわざ】
春の雪と叔母の杖は怖くない

【読み方】
はるのゆきとおばのつえはこわくない

【意味】
春の雪も叔母のお説教も恐れるに足りない。

【語源・由来】
叔母のお説教は迫力がないので怖くない、 春に大雪が降ってもすぐにとけるので怖くないことから。

【スポンサーリンク】

「春の雪と叔母の杖は怖くない」の使い方

健太
もうすぐ四月だというのに、雪が舞っているよ。
ともこ
春の雪と叔母の杖は怖くないっていうから大した事はないわよ。
健太
路面が凍ることは無くても寒いよ。
ともこ
急遽カイロを買いにいかないといけない寒さね。

「春の雪と叔母の杖は怖くない」の例文

  1. 春の雪と叔母の杖は怖くないというが、季節外れの大雪は交通機関に大きな乱れを生じさせた。
  2. 春の雪と叔母の杖は怖くないといわれるように、根雪になることは無い。
  3. 春の雪と叔母の杖は怖くないというが、油断して風邪を引いた。
  4. 春の雪と叔母の杖は怖くないというという、今日降った雪は明日にはとけてなくなるだろう。
  5. 春の雪と叔母の杖は怖くないといわれるとおり、降り続くことは無かった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪