【惚れて通えば千里も一里】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
惚れて通えば千里も一里

【読み方】
ほれてかよえばせんりもいちり

【意味】
愛しい相手に会いに行く時には、どんなに遠い道のりでも苦にならないということ。
惚れた相手に対して、自分が好きですることは、どんな苦労でも苦にならないということ。

【語源・由来】
俗謡「惚れて通えば千里も一里、会わずにもどればまた千里」惚れた恋人に会うためなら、千里もの道のりも一里ほどにしか感じない。また、千里もの道のりを歩いて恋人に会いにきたのに、会えずに帰る時にもまた千里の道のりを歩く。ということから由来しているとされる。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
Love laughs at distance.
It is 1,000 ri (unit of distance) again if I come back without meeting.

「惚れて通えば千里も一里」の使い方

ともこ
健太くん、最近隣町の公園までわざわざ通っているみたいだけど、急にどうしたの?
健太
実は、前に遊びに行ったときに見かけた女の子に、もう一度会いたくて通っているんだ。
ともこ
大分遠い場所だけれど、惚れて通えば千里も一里ということね。
健太
毎日通っていれば、きっといつか会えるはずさ。

「惚れて通えば千里も一里」の例文

  1. 週末は片道3時間かけて、恋人に会いに行っている。惚れて通えば千里も一里ということだ。
  2. 惚れて通えば千里も一里というけれど、恋人と別れたあとに思い出すと、とても大変なことをしていたことに気づいた。
  3. 彼は休みの日になると、恋人に会いに行くために、4時間も車を走らせるらしい。惚れて通えば千里も一里というやつだ。

まとめ

好きになった相手には、なんでもしてあげたいと思うことがあるのではないでしょうか。
惚れて通えば千里も一里というように、会いに行く距離が遠かったとしても、近く感じてしまうのですね。
それほど夢中になれる恋愛ができるということは、素敵なことではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事