【亡羊の嘆】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
亡羊の嘆

【読み方】
ぼうようのたん

【意味】
学問の道が細分化しすぎてしまうことによって、真理を見失ってしまうことを嘆いたこと。
また、方針や方法がいろいろあって、その選択に迷ってしまうこと。

【語源・由来】
中国の戦国時代の思想家・楊朱(ようしゅ)の隣の家から羊が1匹逃げ出してしまった。
家の者を引き連れて、大勢で追いかけたけれど、道がいくつにも分かれていて見失ってしまった。
それを聞いた楊朱は何日も不機嫌になってしまった。
心都子という人が、その理由を悟って「学問の方法もさまざまに分かれているので、学者は真の生き方がわからなくなってしまうのだ」と説明したという故事に基づいている。

【類義語】
・多岐亡羊(たきぼうよう)

【対義語】

【英語訳】
In too much dispute truth is lost.
Waver in a method and it is lost in thought.

「亡羊」を「茫洋」と描くのは誤りなので、注意が必要。

「亡羊の嘆」の使い方

健太
ぼくはこれからどうしたらいいんだろう。
ともこ
なにを悩んでいるの?
健太
学者の道を目指そうと思っているんだけど、まずは本を読むべきか、それとも塾へ通ってみるか、尊敬できる先生を探そうか、いろいろな方法があるものだから。
ともこ
亡羊の嘆となっているのね。まずは自分が本当になにをしたいのか、きちんと考えたほうがいいと思うわ。

「亡羊の嘆」の例文

  1. 学問の道とはまさに亡羊の嘆だと、先生が話していた。
  2. どの方法を選ぶべきか、亡羊の嘆だ。
  3. これからの経営のためには、どの方針が適しているのか、亡羊の嘆となってしまった。
「望洋の嘆」は、偉大な人物や、深遠な思想や学問に対して自分の力のなさを嘆くことなので、間違えないように注意が必要。

まとめ

どんなときでも、最良の方法を選びたいと思うものではないでしょうか。
しかし、亡羊の嘆となることもありますね。
どの方法を選んだとしても、選んだ後には自分を信じて進むしかないのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事