【星がちらちらすると雨】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
星がちらちらすると雨

【読み方】
ほしがちらちらするとあめ

【意味】
星が激しくまたたいて見える時は雨になりやすい。

【語源・由来】
星が激しくまたたいて見える時は、上空の空気の流れが激しくなっている時なので、前線や低気圧が近づいていて雨になりやすい。

【類義語】
・薄い雲が北斗七星をおおうと三日のうちに雨になる

【スポンサーリンク】

「星がちらちらすると雨」の使い方

健太
今日の星は、よく瞬きすね。
ともこ
星がちらちらすると雨というから、明日は雨ね。
健太
明日は星の観察ができないってこと?
ともこ
夜までに雨があがるといいわね。

「星がちらちらすると雨」の例文

  1. 星がちらちらすると雨という。明日は傘を忘れずに持っていこう。
  2. 星がちらちらすると雨というから天気が崩れる恐れがある。
  3. 星がちらちらすると雨というので、こういう日は夜釣りに行かない。
  4. 星がちらちらすると雨というから、明日の遠足は怪しいね。
  5. 星がちらちらすると雨という。雨が降ったら遊園地に行くのはやめよう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪